生命保険の平均相場と受取額を徹底調査!

読者
保険加入を検討しているのですが、必要保障額をシミュレーションすると保険料がかなり高額になってしまいます。

読者
すべてを生命保険でカバーしようとすると保険料が高くなってしまいますが、生命保険加入者の月々の支払額の平均相場はいくらくらいなのでしょうか?

マガジン編集部
このような時、「他の人はどれだけの保険料を払っているか」「いくらくらいの保障額を準備しているか」を参考にするのもよいでしょう。

今回の記事では、生命保険料の平均相場を年齢別、ライフステージ別に解説するとともに、万が一の場合の受取額も紹介します。

この記事の要点

  • 1.生命保険加入者の月額平均支払額は、1万6,300円(男性1万9,500円、女性1万4,000円)。
  • 2.生命保険の平均受取額は1,261万円で、30代男性の平均受取額が全年代の中で最も高く、40代、50代と進むにつれて平均受取額は下がる。
  • 3.必要保障額に応じて保険金額を定めることも大切ですが、保険選びには保障内容と保険料のバランスが重要となるため、平均的な加入状況も参考にする。
  • あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

    \オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

生命保険加入者の月額平均支払額【年齢別】

生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」(以下、同調査を使用)によると、生命保険加入者の月額平均支払額は1万6,300円です。

<月額平均支払額(全体)>

1万6,300円

<月額平均支払額(男性)>

1万9,500円

<月額平均支払額(女性)>

1万4,000円

読者
男性の方が女性より5,500円多く保険料を支払っていますね。

平成5年度の月額平均支払額は2万3,600円(男性2万8,500円、女性1万9,200円)だったので、月額平均支払額は大幅に減少していることがわかります。

マガジン編集部
加入件数に大きな変化はないので、生命保険1件あたりの保険料が下がっていることがわかります。

高額な死亡保障のある保険の販売が減少し、保険料の安い医療保険の販売が増加していることが一因と考えられます。

次に、年代別に月額平均支払額をみると下記のようになります。

年代別の月額平均支払額
20代 30代 40代 50代 60代
男性 1万2,200円 1万9,600円 1万9,300円 2万4,300円 1万7,500円
女性 9,400円 1万2,600円 1万2,900円 1万7,200円 1万4,500円
全体 1万700円 1万5,600円 1万5,700円 2万200円 1万5,600円

全体、男女とも概ね、20代の保険料は少なめで、年代が上がるごとに月額平均支払額は増加し50代でピークを迎えます

30代から50代にかけて、実際に加入している生命保険の死亡保障額は減少するにもかかわらず、保険料の支払額が増える原因は下記が考えられます。

 保険料の支払額が増える要因

  • 年齢が高くなるため保険料も高くなる
  • 高齢になるにしたがって手厚い医療保障を準備するようになる など

参考:生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」

※「令和元年度 生活保障に関する調査」の年間保険料を月額換算し100円未満を切り捨てて計算。

30代の生命保険の支払い平均月額

30代の月額平均支払額は1万5,600円です。

マガジン編集部
男性が1万9,600円に対し女性が1万2,600円で、20代と比較して男性の保険料アップが目立ちます。

要因として、結婚や子どもができるなどして責任が重くなることなどが考えられます。

男女別に月額平均支払額の分布をみると次の通りです。

30代の月額平均支払額の分布
1万円未満

1万円以上

2万円未満

2万円以上

3万円未満

3万円以上

4万円未満

4万円以上

5万円未満

5万円以上
男性 23.7% 31.3% 21.9% 8.0% 4.9% 3.1%
女性 44.3% 32.1% 8.1% 4.1% 3.4% 1.0%
全体 35.4% 31.7% 14.0% 5.8% 4.0% 1.9%

読者
30代女性の平均支払額は、「1万円未満」が44.3%と最多ですね。

読者
一方、男性は「1万円以上2万円未満」が31.3%と最多で、さらに2万円以上の人が37.9%もいます。

世帯主として男性の方がより高額の保険料を支払っていることがわかります。

40代の生命保険の支払い平均月額

40代の月額平均支払額は1万5,700円です。

男性が1万9,300円に対し女性が1万2,900円で、男女ともほぼ30代と同額です。

マガジン編集部
子どもが進学して学費もかかり、保障が必要な時期が続きます。

男女別に月額平均支払額の分布をみると次の通りです。

40代の月額平均支払額の分布
1万円未満

1万円以上

2万円未満

2万円以上

3万円未満

3万円以上

4万円未満

4万円以上

5万円未満

5万円以上
男性 22.8% 31.6% 23.7% 10.2% 2.3% 4.4%
女性 41.0% 36.7% 9.1% 4.3% 2.3% 1.1%
全体 33.0% 34.4% 15.5% 6.9% 2.3% 2.6%

支払額の分布はほぼ30代と同じで、男性は「1万円以上2万円未満」が、女性は「1万円未満」が最も多くなっています。

「令和元年度 生活保障に関する調査」でも、「死亡時の遺族の生活に対する不安」を感じる人の割合は、30代と40代が高くなっています。

死亡時の遺族の生活に対する不安意識
不安を感じる人の割合
20代 64.4%
30代 77.8%
40代 75.3%
50代 66.9%
60代 57.0%
全体 67.6%

50代の生命保険の支払い平均月額

50代の月額平均支払額は2万200円です。

マガジン編集部
男性が2万4,300円に対し女性が1万7,200円で、男女とも40代から5,000円近くアップして全年代で最高になります。

男女別に月額平均支払額の分布をみると次の通りです。

50代の月額平均支払額の分布
1万円未満

1万円以上

2万円未満

2万円以上

3万円未満

3万円以上

4万円未満

4万円以上

5万円未満

5万円以上
男性 16.4% 23.6% 24.9% 11.1% 5.6% 8.2%
女性 29.3% 34.2% 17.4% 7.4% 2.2% 3.5%
全体 23.7% 29.7% 20.6% 9.0% 3.7% 5.5%

支払額の分布も30代や40代より高額にシフトし、男性は「2万円以上3万円未満」が、女性は「1万円以上2万円未満」が最も多くなります。

マガジン編集部
死亡保障ニーズは下がりますが、逆に「医療保障ニーズが高まる」ことや「高齢になって保険料が高くなる」ことから、高い保険料を払う人の割合が増加します。

また、高い保険料を支払う経済的余裕があるともいえます。

けがや病気に対する不安意識
不安を感じる人の割合
20代 87.1%
30代 89.8%
40代 91.6%
50代 92.4%
60代 88.6%
全体 89.6%

そのほかの要因として、個人年金保険や介護保険・介護特約の加入率が全世代の中で最も高いことも挙げられます。

読者
死亡保障や医療保障だけでなく、老後の生活資金や介護が必要になったときの備えも必要な世代なんですね。
年代別の個人年金・介護保険加入状況
個人年金保険 介護保険・介護特約
男性 女性 男性 女性
20代 10.2% 9.6% 7.3% 5.6%
30代 19.9% 17.0% 13.2% 10.2%
40代 19.0% 17.5% 16.8% 13.7%
50代 21.6% 24.3% 17.5% 15.3%
60代 13.9% 15.9% 8.8% 10.3%
全体 17.1% 17.5% 13.0% 11.7%

生命保険加入者の月額平均支払額【ライフステージ別】

次に、ライフステージ別に月額平均支払額をみていきます。

未婚・既婚の区分や子どもの有無、子どもの進学状況によってライフステージを区分し、男女別に平均支払額を出しています。

ライフステージ別の月額平均支払額
男性 女性 合計
未婚 1万5,200円 1万3,500円 1万4,500円
既婚・子どもなし 2万2,400円 1万5,900円 1万9,000円
既婚・末子が未就学 2万600円 1万1,400円 1万5,500円
既婚・末子が小学生 2万400円 1万2,800円 1万6,100円
既婚・末子が中、高校生 2万2,300円 1万3,100円 1万6,800円
既婚・末子が大学生など 2万2,600円 1万7,700円 1万9,200円
既婚・子ども卒業(未婚) 2万700円 1万5,200円 1万7,100円
既婚・子ども卒業(既婚) 1万7,900円 1万4,300円 1万5,600円

上表より既婚者と未婚者の平均支払額について下記の特徴があります。

 既婚者と未婚者の平均支払額の特徴

  • 既婚者全体と比較して、未婚者の平均支払額は少ない。
  • ただし、女性についてみると大差はない。

マガジン編集部
つまり、結婚したり子どもができたりして保障を手厚くするのは主に世帯主の男性であることがわかります。

次に、既婚者の「末子が未就学」から「末子が大学生」までをみると下記の特徴があります。

 末子が未就学から末子が大学生までの平均支払額の特徴

  • 子どもの就学状況が進むにつれて平均支払額が増えていく。
  • 女性については「末子が大学生」のときに平均支払額が大幅にアップする。

「末子が未就学」の親は20代や30代が多く、「末子が大学生」の親は40代や50代が多いことが、上記の理由だと考えられます。

年齢別で解説したとおり、「保障ニーズの変化」「高齢で保険料が高くなる」などによって、年齢が上がるほど平均支払額は多くなるからです。

読者
「既婚・子どもなし」世帯の月額平均支払額が、子どものある世帯を上回っていることに違和感を覚えます。

マガジン編集部
理由は後述する「生命保険の平均受取額はいくら?」で解説します。

生命保険の平均受取額はいくら?

生命保険の平均受取額は1,261万円です。

男性が1,866万円に対し女性が801万円で、男性の平均受取額は女性の2倍以上です。

<男性の平均受取額>

1,866万円

<女性の平均受取額>

801万円

また、平均受給額は低下傾向にあり、特に男性は平成5年度の2,894万円から1,000万円近く下がっています

マガジン編集部
生命保険に対するニーズが、死亡保障から医療保障に移っている結果といえるでしょう。
平均受取額の推移
平成5年 平成13年 平成19年 平成25年 令和元年
男性 2,894万円 2,197万円 2,382万円 1,882万円 1,866万円
女性 1,135万円 1,073万円 980万円 876万円 801万円
全体 1,988万円 1,600万円 1,626万円 1,317万円 1,261万円

次に、年代別の平均受取額をみていきます。

年代別の平均受取額
男性 女性 合計
20代 1,330万円 735万円 1,032万円
30代 2,331万円 1,013万円 1,608万円
40代 2,205万円 818万円 1,432万円
50代 1,992万円 824万円 1,314万円
60代 1,192万円 655万円 869万円

30代男性の平均受取額は2,331万円で全年代の中で最も高く、40代、50代と進むにつれて平均受取額は下がっていきます

この理由は、一般的に最も大きな死亡保障が必要だといわれる「末子の誕生」が30代前後で、子どもが成長するとともに必要保障額は減っていくからです。

マガジン編集部
ただし、40代と50代の平均受取額の減少幅はそれほど大きくはありません。

子どもが大学生でお金がかかったり、住宅ローンの返済が残っていたりするなど、まだまだ死亡保障を必要とする人が多いからだと考えられます。

最後に、ライフステージ別の平均受取額を確認しましょう。

ライフステージ別の平均受取額
男性 女性 合計
未婚 1,310万円 744万円 1,068万円
既婚・子どもなし 1,849万円 888万円 1,316万円
既婚・末子が未就学 2,486万円 915万円 1,652万円
既婚・末子が小学生 2,678万円 874万円 1,673万円
既婚・末子が中、高校生 2,483万円 910万円 1,561万円
既婚・末子が大学生など 2,519万円 798万円 1,385万円
既婚・子ども卒業(未婚) 1,503万円 749万円 1,031万円
既婚・子ども卒業(既婚) 1,067万円 646万円 796万円

「未婚」、「既婚・子どもなし」、「既婚の子どもあり」の順に平均受取額がアップし、結婚や子どもができたことをきっかけに死亡保障を増額していることがわかります。

さらに、既婚者の「末子が未就学」から「末子が大学生」までの平均受取額があまり変わらないことから、子どもの成長とともに必要保障額は低下するものの、子どもが独立するまでは死亡保障額を減らさない傾向がうかがえます。

また、ライフステージ別の月額平均支払額では「既婚・子どもなし」世帯が「既婚の子どもあり」世帯を上回るところもありましたが、平均受取額は下回ります

マガジン編集部
このことから、経済的にゆとりのある「既婚・子どもなし」世帯は、死亡保障以外の医療保障個人年金など、より多くの保険料に充てていると考えられます。

おすすめの生命保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
  2. 健康な方は保険料が割引になります!
  3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

保険期間・保険料払込期間:10年更新
保障内容:[保険金額]1,000万円
※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

まとめ

生命保険加入者の月額平均支払額は、1万6,300円(男性1万9,500円、女性1万4,000円)です。

年齢別にみると、平均支払額が最も多いのは50代男性(2万4,300円)ですが、30代から50代にかけては世帯主である男性の支払額は女性を大幅に上回ります。

ライフサイクル別にみると、「未婚者の平均支払額は少ない」「子どもあり世帯では、子どもの就学状況が進むにつれて平均支払額が増える」のが特徴です。

生命保険の平均受取額は、1,261万円です。30代男性の平均受取額は2,331万円で全年代の中で最も高く、40代、50代と進むにつれて平均受取額は下がります。

必要保障額に応じて保険金額を決めましょうといわれますが、全額を生命保険で準備すると保険料は高額になります。

保険選びには保障内容と保険料のバランスも重要ですから、今回紹介した平均的な加入状況も参考にしてください。

マガジン編集部
もしも保険選びに迷われる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事