生命保険3種類の特徴をわかりやすく解説します

生命保険は、その目的から大きく3つに分けられ、そのなかでも、さらにいくつかのタイプに分類できます。

これらの種類をどのように使い分けるかは、どのようなリスクの対策をしたいかに関係しています。

マガジン編集部
ご自身がどのようなリスクを持ち、どのようなリスクに対策をしていきたいかがわかれば、適切な生命保険の種類も見えてきます。

読者
もちろん、人によっては生命保険が特に必要ないという人もいるはずですよね。

ご自身にとって最適な生命保険を知るためにも、生命保険でどんなリスクが対策できるのか、そして生命保険にはどのような種類があるのかをマスターしましょう。

この記事の要点

  • 1.生命保険には、死亡時のため・医療のため・貯蓄のための3つの種類がある。
  • 2.保険それぞれにメリットもデメリットもあり、加入目的や加入時の状況によって異なるため正しく見極めることが必要。
  • 3.生命保険が必要な人と不要な人がいるため、今の自分に必要かどうか適切な判断が求められる。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

生命保険の種類は3種類

生命保険の種類は、おもに以下の3つに分類されます。

生命保険は3種類

  • 死亡時のための保険
  • 医療のための保険
  • 貯蓄のための保険

それぞれについて見ていきましょう。

死亡時のための保険

一家のおもな収入源になっている大黒柱の人が亡くなってしまったら、残された家族は生活に困ることになります。

そんな場合に備える生命保険として以下のようなものが挙げられます。

死亡保障のための生命保険

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 収入保障保険

これらはまとめて死亡保険とも呼ばれます。 死亡保険の細かい種類について、順に見ていきましょう。

定期保険

定期保険とは?
定期保険は、保障の期間が限られている死亡保険です。

5年や10年といった区切りがあり、その間に被保険者(保険の対象になっている人)が亡くなれば保険金が支払われます。

マガジン編集部
保険期間が過ぎれば保障は終わりますが、条件が合えば更新して続けることもできます。

掛け捨てと呼ばれることも

  • 保険期間が終了した際や、途中で解約した際に、満期金や解約返戻金を受け取ることはできないので、一般的に「掛け捨て」と呼ばれるタイプの保険です。

マガジン編集部
その代わり、保険料は安く、子どもが小さい間だけなど、一定期間だけ死亡保障を備えたいという方に向いています。

保険料は年齢とともに変わるので、保険料は更新の都度上がっていきます。 (同一の保障で継続した場合)

終身保険

終身保険とは?
終身保険は保障の期間に制限がなく、一生涯保障が続く死亡保険です。

終身保険には貯蓄性があり、途中で解約した場合でも、解約返戻金を受け取ることができます。

終身保険 解約返戻金のポイント

  • 加入して十分な期間を置いてから解約すると、それまでに払い込んだ保険料に見合った解約返戻金を受け取れる可能性があるため、死亡保障を確保しながら、老後資金準備などに使うこともできます。

最近は、外貨で運用することで、より大きく解約返戻金を増やせるチャンスがある外貨建て終身保険なども人気です。

マガジン編集部
定期保険より保険料は高いですが、更新がないので、加入してからずっと保険料は変わりません

養老保険

養老保険とは?
養老保険とは、定期保険と同じく保険期間が決まっていて保険期間中に亡くなった場合は死亡保険金が受け取れ、亡くなることなく保険期間が終了したら満期金が受け取れるのが特徴です。

老後資金準備のために使われることが多い保険ですが、最近は以前ほど利率が良くないため、あまり利用されなくなっています。 保険料は、死亡保険の中ではもっとも高くなります。

収入保障保険

収入保障保険とは?
収入保障保険とは、亡くなってから保険期間が終わるまでの間、定期的にお金を受け取れる形の死亡保険です。

マガジン編集部
たとえば「毎月20万円ずつ受け取る」などです。

読者
一度に多額の保険金を受け取ると、その後のお金の管理が難しくなる場合もありそうです。

収入保障保険のポイント

  • 収入保障保険は、生前に給与をもらっていたときと同じように、決まった額が定期的に受け取れるので、ライフスタイルへの影響が少ないのが特徴です。

また、保険金が支払われるのが「亡くなってから、保険期間の終わりまで」であるため、亡くなる時期によって受け取れる保険金総額が変わります

死亡時期が保険期間の終わりに近づくほど受取総額は少なくなってしまいますが、そのぶん保険料は安くなっています。

※受取期間が短い場合、保険期間に関係なく一定期間は受け取れる仕組みの商品もあります。

\オンライン・訪問どちらも可能/

医療のための保険

病気やケガ、特定の病気に罹患した際に治療費を補填する目的で加入する医療のための保険には、以下の保険が挙げられます。

医療保障のための生命保険

  • 医療保険
  • がん保険
  • 介護保険
  • 特定疾病保障保険

これらについて見ていきましょう。

医療保険

医療保険とは?
医療保険は病気やケガで入院・手術をして医療費がかかった際に給付金が受け取れるという保険です。

保障内容は商品によって違いがあり、各保険会社から多種多様なものが販売されています。

マガジン編集部
主流となっているのは、入院したときに入院日数に応じて給付金が支払われるというものです。

がん保険

がん保険とは?
がん保険とは、「がん専用の医療保険」と考えると理解しやすいでしょう。

商品によって保障内容は異なりますが、一般的ながん保険は、がんと診断された時点でまとまった額の給付金が受け取れます。

がん保険のポイント

  • また、入院した際に給付金が受け取れる保険も多いですが、医療保険は給付金が支払われる入院日数に限度があるのに対して、がん保険は限度日数無制限であるのが一般的です。

マガジン編集部
がんの治療は長引くことが多いためです。

最近のがん保険は、抗がん剤治療ホルモン治療放射線治療などに特化した保障を備えているものもあります。

介護保険

介護保険とは?
要介護状態になり、介護費用が必要になったときに給付金が支払われる民間の保険です。

介護費用の一部は公的介護保険によってまかなわれますが、それだけでは不足する部分を補うのが目的です。

給付金の支払い条件もさまざま

  • 公的介護保険に連動して同じ基準で支払われるもの
  • 保険会社独自の基準で支払われるもの など

特定疾病保障保険(三大疾病保険)

特定疾病保障保険(三大疾病保険)とは?
日本人の死亡原因の病気トップ3である三大疾病の「がん」「心疾患」「脳血管疾患(脳卒中)」を保障する保険です。
三大疾病保険とも呼ばれ、三大疾病で所定の状態になったとき、保険金が受け取れます。

特定疾病保障保険(三大疾病保険)のポイント

  • 保険金を受け取ることなく亡くなった場合は、死亡原因に関係なく死亡保険金が支払われるのが特徴です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

貯蓄のための保険

    最後に、貯蓄を目的とした生命保険の利用が可能なものをご紹介します。

    貯蓄のための保険

    • 個人年金保険
    • 学資保険

    それぞれについて見ていきましょう。

    個人年金保険

    個人年金保険とは?
    個人年金保険は老後の生活資金を準備するための保険です。

    加入後、決められた年齢になるまで保険料を払い込むと、その後一定の年齢から年金が支払われます。

    読者
    公的年金だけでは十分に生活していけるか心配です。

    マガジン編集部
    老後資金を補うための私的年金を用意する保険といえます。

    年金は5年間や10年間などの一定期間だけ支払われる確定年金のほか、一生涯支払われる終身年金タイプの商品もあります。

    学資保険

    学資保険とは?
    学資保険は子どもの教育資金を準備するための保険です。

    親が契約者となり保険料を払い込み、子どもが一定の年齢になったときに学資金が支払われます。

    大学の入学資金を想定して17~18歳に支払われるものが多いですが、商品やプランによっては中学・高校の入学時に祝い金が受け取れるもの、大学卒業のタイミングでお金が支払われるものなどもあります。

    学資保険のポイント

    • 保険料払込期間中に親が亡くなると、以後の保険料は不要になり、学資金も予定通り受け取れる払込免除という仕組みがあるのが一般的です。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    おすすめの生命保険商品はこれ!

    チューリッヒ生命
    「定期保険プレミアムDX」

    チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

    ここがおすすめ!

    1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
    2. 健康な方は保険料が割引になります!
    3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
    チューリッヒ生命
    「定期保険プレミアムDX」保険料例

    年齢 男性 女性
    30歳 970円 920円
    35歳 1,210円 1,140円
    40歳 1,640円 1,460円
    50歳 3,290円 2,520円

    保険期間・保険料払込期間:10年更新
    保障内容:[保険金額]1,000万円
    ※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
    ※2020年10月1日現在

    募補01808-20201006

    生命保険、必要?不要?必要性に迫ります

    生命保険の加入率

    生命保険に加入している人はどれくらいいるのでしょうか。 生命保険文化センターの調査※1によると、なんらかの生命保険※2に加入している人の割合は、82.1%となっています。

    読者
    日本国民の8割超が何らかの生命保険に加入しているというのは凄いですね!

    男女別・年代別で見てみると、以下のとおりです。

    男性 女性
    全体 81.1% 82.9%
    20代 58.5% 59.9%
    30代 82.4% 82.8%
    40代 91.0% 89.0%
    50代 86.1% 87.3%
    60代 82.9% 84.5%

    ※1 生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」 ※2民間の生命保険会社やかんぽ生命、JA、県民共済・生協等で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金保険やグループ保険、財形は除く)

    読者
    男女ともに40代では特に加入率が高く、9割前後の人が加入しているというのは非常に高い割合ですね。

    読者
    みんな何かしら必要性を感じて加入していることがうかがえますね。

    生命保険が必要な人

    マガジン編集部
    とはいえ、日本国民全員に必要というわけではありません。

    どのような場合に生命保険が必要になるのか、加入時の状況ごとに考えてみましょう。 以下のような状況の人は生命保険の必要性が高いといえます。

    家族を扶養している人

    配偶者や子どもを養っていて、自分が亡くなって収入が断たれると、残された家族が生活に困るだろうという場合、生命保険で保障を確保しておく必要があります。

    まとまった資金を用意したい人

    子どもの教育資金や自分の老後資金が必要になる場合、貯蓄を目的とする保険で準備するという方法があります。

    マガジン編集部
    預貯金よりは効率的で、投資よりは安全にお金を貯めることができます。

    医療費が不安な人

    病気やケガで多額の医療費が必要になってしまったとき、貯蓄からまかなえるかが不安な人や、貯蓄を減らしたくないという人は、医療保障を準備しておくといいでしょう。 公的医療保険もありますが、がんなどの重い病気で公的保険では不足するぶんを、民間の医療保険やがん保険で補うことができます

    相続対策が必要な人

    自分が亡くなると、遺族が多額の相続税を課される可能性がある、または遺産分割がうまくいかないかもしれないという人は、生命保険を活用した相続対策が有効です。

    マガジン編集部
    相続税の節税対策もできますし、保険金としてなら残したい人に確実にお金を残すことができます。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    生命保険が不要な人

    逆に、次のような立場の人は生命保険の必要性が低いといえます。

    扶養の責任がない人

    配偶者や子どもがおらず、自分が亡くなっても、それによってただちに困る人がいないのであれば、大きな死亡保障は必要ないでしょう。

    読者
    葬式費用などは必要になりますが、ある程度の貯蓄があるなら問題ないと考えることができそうですね。

    資金が十分にある人

    現時点で十分な資金があるので、医療費などの不測の支出や、教育資金や老後資金といった将来の必要資金を保険に頼らず準備できそうだという場合は、保険に加入する意味はあまりありません。

    マガジン編集部
    保険はあくまでも経済的なリスクヘッジですので、経済的にリスクのない人には不要だといえます。

    おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

    読者
    保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
    読者
    専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
    マガジン編集部
    どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
     無料の保険相談所とは
    • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
    • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
    • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

    保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

    1.ほけんのぜんぶ

    おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

    「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

    1. 取扱保険会社数34社
    2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
    3. オンライン保険相談も可能!
    4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
    5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
    6. 安定した企業
    読者
    相談員の質が高そうですね。
    読者
    無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
    取扱保険会社数

    合計:34社 
    (生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

    主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン あり

    2.保険市場

    おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

    保険市場のここがおすすめ!

    1. 取扱保険会は業界最大の84社
    2. オンラインでの相談が可能
    3. 業界のなかで老舗
    4. 東証一部上場企業
    読者
    老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
    取扱保険会社数

    合計:84社 
    (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

    主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
    対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン なし


    3.保険無料相談ドットコム

    おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

    保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

    1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
    2. 電話やオンラインでの相談が可能
    3. お客様満足度97.6%!
    取扱保険会社数 合計:22 
    (生命保険:15社 損害保険:7社)
    主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり
    オンライン保険相談 対応可能
    キャンペーン あり

    無料保険相談所の選び方

    読者
    保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
    マガジン編集部
    数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
    最適な保険相談所の選び方
    • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
    • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
    • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

    1.保険相談をする場所はどこが良いか

    新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
    読者
    リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
    読者
    わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
    マガジン編集部
    カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
    その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
    その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

    2.相談担当者が専門知識を有しているか

    読者
    相談担当者って、どこも同じではないのですか?
    マガジン編集部
    実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
    FP(ファイナンシャルプランナー)とは
    • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
    • 保険
    • 教育資金
    • 年金制度
    • 家計にかかわる金融
    • 不動産
    • 住宅ローン
    • 税制など

    生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

    3.取り扱っている保険会社数の多さ

    無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

    読者
    ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
    マガジン編集部
    取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

    それでもどこにするか迷ったら

    どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

    読者
    しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえるとと嬉しいです。

    どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

    生命保険への加入は目的を明確に

    生命保険に加入するときは、何のために加入するのかを意識しておくことが大切です。 目的に合わない保険を選んでしまうと、不要な保険料を払うことになるうえに、いざ必要な時期がきたときに適切な保障を受けられないことにもなりかねません。

    生命保険に加入する目的

    • 死亡時のため
    • 医療のため
    • 貯蓄のため

    さらに細かく、また具体的にリスクを考えることが、保険について考える第一歩になります。

    自分にとってのリスクを見極める

    生命保険の必要性の項目でお伝えしたように、人によって生命保険の必要性には差があります。

    マガジン編集部
    それはその人ごとに抱えているリスクが違うからです。

    独身の人は、配偶者や子どもがいないため、既婚者よりも死亡によるリスクは低いといえます。 このように、今の自分にはどんなリスクがあるのかを考えてみましょう。

    ポイント

    • 独身者と既婚者の例を出しましたが、独身であっても、子どもを扶養している人はいます。
    • また、既婚者であっても、配偶者と共働きで両者の収入にあまり差がないということであればまた状況は違ってくるでしょう。

    独身か既婚かといった表面的な状況にとらわれず、自分と家族の状況から考えていくことが重要です。

    適切な保障額・保障内容を考える

    リスクを見極めることができたら、それに対して適切な保障を用意します。

    死亡時のための生命保険であれば、死亡保険金の金額ということになりますが、保険金額によって保険料が変わってきますので、適切な額に設定することが大事です。

    読者
    大黒柱が亡くなったときに、残された家族にいくらのお金を用意すればよいのでしょうか。
    必要保障額は、以下の項目などから考え、過不足のないものにする必要があります。

    必要保障額の考え方

    • 家族の生活費
    • 今ある貯蓄額
    • 公的保険からの支給額(遺族年金など)

    不足しては意味がありませんし、不必要に高い額に設定してもムダな保険料負担になります。

    優先順位も意識して

    また、すべてを生命保険に頼らないという考え方も大事です。 私たちの暮らしはさまざまなリスクに囲まれており、心配し始めるときりがありません。

    マガジン編集部
    これらをすべて生命保険で解決しようとすると、保険料負担が高くなりすぎてしまいます。

    そこで、対応するリスクの優先順位を決めておきましょう。

    優先順位の考え方

    • 「起こる確率は低いけれど、起こってしまったときのダメージが大きい」もののほうが、保険で対応するのに向いているリスクです。
    • 死亡リスクなどがこれにあたるため、死亡保障を中心にして考え、その他の保険はリスクの度合いや経済的な余裕などから検討するのがよいでしょう。

    預貯金投資など、ほかの手段も組み合わせて考える視点も持つようにしてください。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    まとめ

    生命保険には「死亡時のため」「医療のため」「貯蓄のため」という大きく3つの目的がありました。

    さらに、それぞれの目的ごとに、いくつかの保険商品の種類があります。自分の目的に応じた保険の種類を使い分けることが大切だといえます。

    適した保険を選ぶには、自分自身の保険の必要性を考え、何の目的でどのような保険に入るのかを意識することが第一歩です。

    自分が抱えるリスクと、その対策としてどんな種類の保険があるのかを、よく理解しておきましょう。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    本コンテンツは商品の概要を説明しています。
    詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
    弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
    おすすめの記事