生命保険、みんなは毎月いくら払ってる?相場を徹底調査!

読者
生命保険の加入を考えているのですが、加入者は保険料を毎月いくら払っているのか気になります。

読者
保険料はできるだけ安いほうが家計にとってはありがたいですが、保障が不足しては意味がありませんよね。

保障と保険料のバランスを見極める必要があります。

マガジン編集部
ひとつの参考になるのが、同じ年代や近いライフスタイルの人は、保険料をいくら払っているのかということでしょう。

そこで、生命保険文化センターの調査を中心に、年代やライフスタイル別の、保険料の平均を探ってみました。

この記事の要点

  • 1.同じ年代・ライフスタイルでも、同じ保険料を払う必要はない。
  • 2.保険に加入する際は、必要な保障を確保できているかどうかを考える。
  • 3.無理なく払える保険料を設定できるよう、専門家のアドバイスも取り入れながら考えていくことが大切。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

マガジン編集部
いま人気の生命保険商品を読むにはこちらから!

※以下、ことわりのないデータは生命保険文化センター「生活保障に関する調査」令和元年版をもとにしています。

生命保険に毎月いくら払ってる?【年代別】

まずは20代から年代別に生命保険に払っている保険料を見ていきましょう。

20代の平均額

20代の方が払っている保険料は、年平均13万円ですので、毎月約1万833円を払っているといえます。

一年に払っている保険料の割合は以下のとおりです。

20代
12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
53.1% 27.5% 9.0% 4.3% 0.9% 0.5% 4.7% 13万円

マガジン編集部
半数以上の人が年12万円未満ですので、実際には月1万円未満の人が多いといえるでしょう。

20代は死亡保障の必要性も低く、収入面からも保険料負担を抑えたい年代ですのでうなずける結果です。

30代の平均額

30代の方が払っている保険料は、年平均18.8万円ですので、毎月約1万5,666円払っています。

30代
12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
35.4% 31.7% 14.0% 5.8% 4.0% 1.9% 7.1% 18.8万円

月あたり1~2万円程度払っている人の割合が増えてきていることがわかります。

マガジン編集部
やはりこの頃から、保険を意識する人が増えていることがうかがえます。

40代の平均額

40代の方が払っている保険料は、年平均19万円ですので、毎月約1万5,833円払っています。

40代
12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
33.0% 34.4% 15.5% 6.9% 2.3% 2.6% 5.2% 19万円

マガジン編集部
30代と大きくは変わりませんが、全体に、保険にお金をかけている人の割合は上がってきています。

50代の平均額

50代の方が払っている保険料は、年平均24.3万円ですので、毎月約2万250円払っています。

50代
12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
23.7% 29.7% 20.6% 9.0% 3.7% 5.5% 7.8% 24.3万円

この調査では、この年代がもっとも平均額が高くなりました。毎月2万円以上払っている人が3割を超えています。まだまだ家族への死亡保障が必要な年代であることに加え、医療・がん保障や、老後保障など、幅広い保障が必要になってくる年代のためと思われます。

60代の平均額

60代の方が払っている保険料は、年平均18.8万円ですので、毎月約1万5,666円払っています。

60代
12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
38.2% 29.6% 15.1% 4.3% 2.7% 4.1% 6.0% 18.8万円

読者
平均額は30代の頃と同じ水準に下がりましたね。

内訳でも、月1万円未満の人がもっとも多くなっています。

マガジン編集部
子どもが独立して死亡保障の必要がなくなり、保険を整理する人が多くなっているのでしょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

生命保険に毎月いくら払ってる?【ライフスタイル別】

同じ年代でも、家族構成やライフスタイルによって必要な保障は変わります。

ライフスタイル別に、保険料をいくら払っているのかをみてみましょう。

未婚の場合 

まず、未婚の人は、保険料をいくら払っているのでしょうか。

未婚の方の場合、年平均で17.4万円ですので、月あたりでは約1万4,500円です。

ライフステージ:未婚
12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
38.6% 28.6% 14.9% 6.7% 1.6% 2.7% 6.9% 17.4万円

読者
扶養家族がいなければ死亡保障は最低限でいいとするのが一般的ですが、その割にはそれなりに保険料を払っているという印象を受けますね。

マガジン編集部
一人暮らしの方などは、家族のサポートが得られないぶん、医療保障を厚く持ちたいというニーズもあるほか、今後のために貯蓄したいという意識もあるのかもしれません。

結婚すると、この数値がどう変わってくるのかは、次の項目でみてみましょう。

子どもの有無 

既婚の人がどれくらい保険料を払っているか、子どもの有無、子どものライフステージと併せて調べた結果が以下のとおりです。

ライフステージ 12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
既婚・子どもなし 30.9% 32.8% 15.2% 5.9% 3.4% 5.9% 5.9% 22.8万円
既婚・末子未就学児 35.7% 31.2% 16.5% 5.6% 2.3% 2.3% 6.5% 18.6万円
既婚・末子小学生 34.1% 32.5% 15.5% 8.8% 2.5% 2.2% 4.4% 19.4万円
既婚・末子中学生、高校生 30.3% 34.5% 13.0% 7.0% 5.2% 3.0% 7.0% 20.3万円
既婚・末子短大・大学・大学院生 30.0% 24.7% 22.0% 9.3% 3.3% 4.7% 6.0% 23.1万円
既婚・子どもすべて卒業(未婚) 31.7% 30.0% 17.4% 6.0% 3.3% 4.4% 7.3% 20.6万円
既婚・子どもすべて卒業(既婚) 37.3% 33.7% 14.5% 3.6% 2.8% 3.3% 4.7% 18.7万円

まず、結婚したことにより、未婚時代よりも平均が上がり、子どもなしの場合年平均22.8万円月あたり約1万9,000円を払うようになります。

読者
子どもができると、死亡保障の必要性は増すはずですが、この調査結果ではむしろ子どもがいるほうが平均額は下がっていますね。

マガジン編集部
子どもがいることで出費が増え、保険料に割く余裕がないのかもしれません。

また、子どもが大学生に近づくほど毎月の支払額の平均は上がっています。

末子が短大・大学生・大学院生の頃が既婚ではもっとも高く、年平均23.1万円ですので、月あたり1万9,250円が平均です。

共働きの場合生命保険に毎月いくら払ってる?

夫婦の収入形態での違いをみてみましょう。

収入形態 12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
夫婦片働き 38.1% 28.4% 15.0% 6.7% 2.3% 3.4% 6.1% 19.1万円
夫婦共働き 30.0% 32.7% 17.2% 6.4% 3.6% 3.7% 6.4% 20.9万円

どちらかが専業主婦(主夫)のほうが死亡保障が必要そうですが、調査結果では共働きのほうが支払っている保険料は高く、年平均20.9万円ですので、月あたり約1万7,416円を払っていることがわかります。

\オンライン・訪問どちらも可能/

【年収別】毎月払う保険料の決め方

年収別の保険料の平均は?

年代とライフスタイル別に、払っている保険料の平均をみてきました。

マガジン編集部
保障の必要性もさることながら、いくらの保険料で加入するかは、「実際にいくらぐらい払えるか」、つまり収入によって決まっている部分も多いのではないでしょうか。

そこで、世帯の年収別にみてみましょう。

世帯年収 12万円未満 12~24万円未満 24~36万円未満 36~48万円未満 48~60万円未満 60万円以上 わからない 平均
300万円未満 43.6% 31.0% 12.2% 4.2% 1.8% 2.3% 4.9% 15.9万円
300~500万円未満 37.8% 33.8% 14.6% 4.4% 1.5% 2.3% 5.7% 17.6万円
500~700万円未満 32.0% 30.1% 18.5% 7.2% 2.9% 2.1% 7.2% 19.6万円
700~1,000万円未満 27.2% 28.9% 18.0% 7.6% 5.2% 5.4% 7.6% 23.6万円
1,000万円以上 23.9% 23.4% 17.4% 12.9% 8.5% 8.5% 5.5% 27.9万円

世帯年収が上がるにつれて、払っている保険料の平均額も上がっていることがわかります。

仮に年収300万円の世帯が、年平均17.6万円の保険料を払っているとすると、保険料が世帯年収の約5.86%を占めることになります。

この割合は、年収が上がるほど下がっていき、年収1,000万円の世帯が年27.9万円の保険料を払っているとすれば、年収に占める割合は2.79%です。

マガジン編集部
つまり、だいたい年収の3~6%程度を保険料として払っている世帯が多いと考えられるでしょう。

保険金額(保障額)は年収でどう違う?

ここまで、払っている保険料の平均についてみてきましたが、保険加入にあたっては、「いくら保険料を払うか」よりも、それによって「どのような保障を得るのか」が大切です。

払えない保険料で契約するのはおかしなことですが、払えるからといって払えるだけの保険料で加入するのも、適切ではありません。

マガジン編集部
そこで、保険金額はいくらに設定している人が多いのかみてみましょう。

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」(平成30年度版)から、年収別の保険金額の平均をみてみましょう。

世帯年収 200万円未満 200~500万円未満 500~1,000万円未満 1,000~1,500万円未満 1,500~2,000万円未満 2,000~3,000万円未満 3,000~5,000万円未満 5,000万~1億円未満 1億円以上 不明 平均値
200万円未満 7.0% 15.8% 13.9% 8.9% 4.4% 4.4% 2.5% 1.3% 0.0% 41.8% 1025.9万円
200~300万円未満 6.0% 16.8% 15.4% 9.1% 5.5% 5.5% 3.8% 1.4% 0.0% 36.3% 1085.3万円
300~400万円未満 5.0% 12.7% 14.3% 10.4% 3.9% 6.7% 5.0% 1.9% 0.0% 40.0% 1299.1万円
400~500万円未満 1.4% 7.9% 14.1% 9.8% 6.0% 10.8% 8.4% 3.6% 0.7% 37.3% 1926.2万円
500~600万円未満 0.3% 4.4% 10.6% 9.3% 8.0% 10.9% 11.4% 4.9% 0.3% 40.1% 2239.4万円
600~700万円未満 0.3% 5.5% 7.9% 5.5% 6.2% 13.7% 13.7% 8.2% 0.3% 38.5% 2664.2万円
700~1,000万円未満 0.8% 3.4% 6.3% 8.1% 6.1% 10.1% 14.8% 10.6% 1.4% 38.3% 3037.1万円
1,000万円以上 0.5% 2.1% 4.9% 4.0% 6.3% 10.5% 15.1% 18.6% 3.5% 34.7% 4112.6万円
不明 4.7% 8.7% 10.2% 7.3% 2.9% 6.5% 5.1% 3.3% 0.4% 50.9% 1702.8万円

世帯年収が違えば、生活費も違ってきますから、死亡保障額が異なるのは当然です。

マガジン編集部
年収が高くなるほど、必要な保障額も高くなりますが、おおざっぱな目安としては、以下のようにまとめられます。
年収300万円以下 1,000万円程度
年収600万円まで 2,000万円程度
年収1,000万円まで 3,000万円程度
年収1,000万円以上 4,000万円程度

もちろん、家族構成によっても死亡保障額は違いますので、あくまでも目安です。

おすすめの生命保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
  2. 健康な方は保険料が割引になります!
  3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

保険期間・保険料払込期間:10年更新
保障内容:[保険金額]1,000万円
※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

支払う保険料はどう決める?

ここまで、さまざまな角度から保険料の相場をみてきました。

マガジン編集部
ただし、これらはすべて統計上のものにすぎません。

読者
実際に自分自身が保険に加入するときは、自分はいくら払うべきなのかを判断しなくてはいけませんね。

考えのスタート地点は、もちろん、自分にとっての「必要な保障」です。

A 自分に万一のことがあったとき、残された家族に必要な額(生活費や教育資金など)
B 遺族年金など公的保障から得られるお金と、すでに今ある貯蓄額

としたとき、AからBを差し引いた額が、現時点で、あなたにもしものことがあったとき不足する額=必要保障額だといえます。

ポイント

  • 保険に加入するときは、必要保障額を確保することが大前提で、そのためにいくらの保険料が必要かというふうに考えましょう。 
  • そのうえで、無理なく払っていける保険料かどうかを判断していきます。

マガジン編集部
過不足のない保障額を計算したり、同じ保障額でも少しでも安い保険料で加入できる保険を探したりといったことは、ぜひ、保険相談窓口ファイナンシャルプランナーといったプロの手を借りることをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

まとめ

どのくらいの保険料を払っている人が多いのか、年代別、ライフスタイル別、年収別などで調べてみました。

ただし、お伝えしたものはあくまでも統計上のものであり、目安にはなりますが、参考となる情報にすぎません。

同じ年代・ライフスタイルだからといって、同じ保険料を払わなくてもいいのです。

保険で大切なのは、必要な保障を確保できているかどうかです。そのうえで、無理なく払える保険料を設定できるよう、専門家のアドバイスも取り入れながら考えていきましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

記事監修者

弁護士 石原 一樹
2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事