生命保険には入るべき?必要性が高い人・低い人を徹底解説!

読者
自分のおかれている状況で、生命保険に入る必要ってあるのか迷っています。

読者
具体的にどのような人が生命保険に入るべきか知りたいです。

マガジン編集部
結論から言うと、ほとんどの人が何かしらの生命保険に入るべきです。
ただ、具体的にどんな人がどの保険に入るべきか、もしくは入らなくてもいい人がどんな人か、知りたい人もいるはずです。
本記事では、生命保険に入るべき人や生命保険で備えておきたいリスクについて、お伝えします。
この記事の要点
  • 1.生命保険に入るべき人とは、「もしものことがあったときに対応できる、十分な資金がない人」。
  • 2. 生命保険には死亡リスクに備える「死亡保険」、病気・ケガのリスクに備える「医療保険」、将来の資金が不足するリスクに備える「個人年金保険」「学資保険」がある。
  • 3.「扶養家族がいない人」や「十分な資金がある人」は、生命保険に入る必要性は低い。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

 

この記事は、5分程度で読めます。

生命保険とは

生命保険とは?
生命保険とは一定の保険料を支払うことで、もしものことがあったときに、必要な保険金給付金を受け取れる保険のことです。
生命保険で対応できる「もしも」とは、次のようなことです。

生命保険で対応できる「もしも」とは

  • 自分や家族が死亡して、収入が減る。
  • 病気・ケガをして、医療費がかかる。
  • 貯蓄がなくて、将来に必要な資金が不足する。
たとえば、収入のある人が亡くなって、遺族が生活に困るかもしれません。
重い病気にかかったら、多額の医療費がかかることもあります。
また、貯金がなくて、老後資金が不足するかもしれません。

読者
生命保険は、これらのもしものときに、自分や家族の生活・健康を守るためにあるのですね。

マガジン編集部
具体的に生命保険で備えられるリスクについては「生命保険で備えられる3つのリスク」で解説します。

\オンライン・訪問どちらも可能/

生命保険に入るべき人とは

生命保険に入るべき人とは?
生命保険に入るべき人とは、「もしものことがあったときに対応できる、十分な資金がない人」です。

読者
どうして、十分な資金がないと生命保険に入るべきなのですか?

マガジン編集部
それは、資金がなく生命保険に入っていない人に、もしものことがあると、すぐに家計が苦しくなり生活に困ってしまうからです。

 具体例

  • たとえば、夫婦と子ども2人の4人家族がいて、会社員である夫だけが収入を得ているとしましょう。
  • あるとき夫が亡くなり、遺族3人で暮らすための資金はありませんでした。
  • 収入も資金もない中、3人分の生活費や子どもの養育・教育費などがかかれば、生活は苦しくなるはずです。
  • もし遺族3人が数年〜数十年、生活できる資金があれば、安定した生活が送れるでしょう。
  • ただその資金がなくても、生命保険から当面の生活に必要な保険金を受け取れれば、生活にゆとりがでますよね。

そのため、「もしものことがあったときに対応できる、十分な資金がない人」は生命保険に入るべきなのです。

十分な資金とは

読者
では、「十分な資金」とは、どのくらいのことでしょうか?

マガジン編集部
それは、その人の家計状況や備えておきたい金額によって異なるため、具体的な数値は言えません。

 

ただし、先ほどの例でいえば、数年分の支出に対する収入の不足分をまかなえる資金は確保したいところです。

夫が亡くなった後の収入と支出には、次のようなものがあります。

 夫が亡くなった後の収入

  • 遺族基礎年金
  • 遺族厚生年金
  • 会社の手当(死亡退職金・弔慰金など)
  • 妻の収入(就職したと仮定)

 

夫が亡くなった後の支出

  • 葬儀代
  • 生活費
  • 住宅費(家賃や修繕費など)
  • 子どもの養育・教育費

つまり、先ほどの例の家族が最低限、確保しておくべき資金は、次のようになります。

最低限確保したい資金

  • 夫が亡くなった後の数年間の収入−夫が亡くなった後の数年間の支出=確保したい資金

もし、そのような資金を確保できる可能性や自信がないなら、生命保険に入るべきです。

生命保険にはほとんどの人が入っている

読者
私は十分な資金を確保できていませんが、他の人はできているのでしょうか?

マガジン編集部
いいえ、十分な資金を確保するのは簡単ではないので、多くの人は生命保険を活用して「もしものとき」に備えていますよ。

生命保険文化センターの令和元年「生活保障に関する調査」によると、男性の81.1%女性の82.9%全体では82.1%の人が、何かしらの生命保険に加入していることがわかりました※。

次の表は、「生活保障に関する調査」からわかった、生命保険に入っている人の割合を男女・年代別にまとめたものです。
年代 男性 女性
全体 81.1% 82.9%
20代 58.5% 59.9%
30代 82.4% 82.8%
40代 91.0% 89.0%
50代 86.1% 87.3%
60代 82.9% 84.5%

民間の生命保険会社やかんぽ生命、JA、県民共済・生協等で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金保険やグループ保険、財形は除く)

マガジン編集部
この結果からほとんどの人が、十分な資金がない、もしくは資金に不安を感じていることがわかりますね。

\オンライン・訪問どちらも可能/

生命保険で備えられる3つのリスク

生命保険とは、一定の保険料を支払うことで、自分や家族にもしものことがあったときに、保険金や給付金を受け取れる保険のことでした。

マガジン編集部
「もしものこと」とは「不測の事態」、つまり「リスク」とも言えます。
ここでは、生命保険で備えられる主な3つのリスクを解説します。

生命保険で備えられる3つのリスク

  • 死亡のリスク
  • 病気・ケガのリスク
  • 将来の資金が不足するリスク

死亡のリスク

生命保険で備えられる死亡のリスクとは、家計を支えている人が亡くなることで、遺族の収入が減り生活に困ってしまうリスクのことです。

死亡のリスクに備えられるのが、生命保険のなかの死亡保険です。

死亡保険とは?
死亡保険とは、保険の対象者(以下、被保険者)が亡くなる、または高度障害になったときに保険金が支払われる保険のことをいいます。
家計を支えていた人の収入がなくなっても、当面の生活を維持できるようにするのが死亡保険の目的です。
死亡保険には、保険期間や保険金の受け取り方に応じて、次の4種類があります。

 死亡保険の種類

  • 定期保険(一定期間の保障)
  • 終身保険(一生涯の保障)
  • 養老保険(死亡給付金と満期保険金が同額)
  • 収入保障保険(死亡給付金を年金形式で受け取れる)

自分に適した死亡保険を、検討してみましょう。

病気・ケガのリスク

病気・ケガのリスクとは病気・ケガにより多額の医療費がかかったり、働けなくなって収入が途絶えてしまったりするリスクのこと。

そのリスクに備えられるのは、医療保険です。

医療保険とは?
医療保険とは、被保険者が病気・ケガをして医療費がかかったり、働けなくなったときに給付金を受け取れる保険です。

読者
病気・ケガを理由とする支出の増加や収入の減少を補うのが医療保険の目的なんですね。
医療保険には、次のように多くの種類があります。

 医療保険の種類

  • 定期医療保険(一定期間、入院・手術の医療費に備える)
  • 終身医療保険(一生涯、入院・手術の医療費に備える)
  • がん保険(がんと診断されたら一時金が給付される、がんによる入院・手術に備える)
  • 介護保険(一定の介護状態になった場合に保険金が給付される)
  • 特定疾病保険(がんや急性心筋梗塞、脳卒中になったときに一時金が支払われる)
  • 女性向け保険(女性特有の病気になったときに一時金が支払われる)
  • 所得補償保険・就業不能保険(一定期間以上働けなくなって収入が減ったときに定期的に給付金を受け取れる)

マガジン編集部
多くの商品があるため、備えすぎて保険料が高くならないように注意してください。

\オンライン・訪問どちらも可能/

将来の資金が不足するリスク

将来の資金が不足するリスクとは、必要な老後資金や子どもの教育資金が多く、耐えきれないリスクです。
そのリスクに備えるためにあるのが、個人年金保険や学資保険です。
個人年金保険とは?
個人年金保険とは、一定の保険料を支払うことで公的年金や企業年金の不足を補う私的年金を準備する保険のことです。

老後資金の懸念

  • 「老後2,000万円問題」で話題になった、金融庁が2019年に発表した報告書(高齢社会における資産形成・管理)によると、退職後の平均的な所得の夫婦は、平均寿命を迎えるまでに約2,000万円の資金が足りないようです。

マガジン編集部
個人年金保険の必要性は、今後も増すと予測されています。
学資保険とは?
学資保険とは、一定の保険料を支払うことで子どもの成長や進学に合わせて入学祝金や満期保険金を受け取れる保険のことです。

 子どもの教育資金の懸念

  • 株式会社日本政策金融公庫が令和2年に発表した「教育費負担の実態調査結果」によると、国立・私立に限らず高校入学から大学卒業までに、子ども一人あたり約965万円の教育費がかかるようです。
  • 今は、子どもの半分が大学に入学する時代。教育費は、多くなると予測できます。

老後生活が不安、子どもに十分な教育を受けさせたいという方は、個人年金保険や学資保険の活用がおすすめです。

マガジン編集部
もしもご自身にとってどのような方法がよいか迷われる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

生命保険に入る必要性が高い人

読者
具体的に、どんな人が生命保険に入る必要性が高いのでしょうか?

生命保険に入る必要性が高い人は、次のような人たちです。

 生命保険に入る必要性が高い人

  • 扶養家族がいる人
  • 病気・ケガに備えたい人
  • 将来の資金に不安がある人

扶養家族がいる人

扶養家族がいる方は、自分が死亡しても家族の生活が困らないように資金を備えておく必要があります。
ただ、その資金は一定期間の家族の生活費なので多額になりやすく、すぐに準備できるものではありません。

マガジン編集部
そこで、生命保険を活用して、自分が死亡しても保険金で家族が生活を維持できるようにするのがおすすめです。

病気やケガに備えたい人

日本には公的医療保険制度があるとはいえ、入院や手術、先進医療に数十万〜数百万円ほどの医療費がかかることは珍しくありません。

読者
病気・ケガをすると支出が増えるばかりか、働けなくなって収入が減る恐れもありますよね。
特に30〜40代にかけて、死亡率やがんなどの病気の罹患率が高くなります。
健康に不安を感じ、病気・ケガによる支出に備えたい方は、生命保険の必要性が高いでしょう。

マガジン編集部
医療費は、いつどれくらいかかるのか予測できず、準備しにくいものです。

将来の資金に不安がある人

老後資金や子どもの教育費など、将来の資金に不安がある人も、生命保険が必要です。
将来の資金に不安がある人は、そもそも貯金が苦手であったり、現在や将来の収入に不安を感じていたりする人が少なくありません。

マガジン編集部
自力では将来の資金に備えられないと感じている方は、生命保険を活用しましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの生命保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

ここがおすすめ!

  1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
  2. 健康な方は保険料が割引になります!
  3. 険金額と保険期間が自由に選べます!
チューリッヒ生命
「定期保険プレミアムDX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 970円 920円
35歳 1,210円 1,140円
40歳 1,640円 1,460円
50歳 3,290円 2,520円

保険期間・保険料払込期間:10年更新
保障内容:[保険金額]1,000万円
※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
※2020年10月1日現在

募補01808-20201006

生命保険に入る必要性が低い人 

読者
逆に、生命保険に入る必要がない人なんているのですか?

マガジン編集部
はい、いらっしゃいます。では、生命保険に入る必要性が低い人を見ていきましょう。
基本的には、もしものことがあったときに、十分な資金がない人は、備えておきたいリスクに対応する生命保険に加入するべきです。
ただ次のような人は、基本的に生命保険に入る必要性が低いと言えます。

生命保険に入る必要性が低い人

  • 扶養家族がいない人
  • 十分な資金がある人

扶養家族がいない人

扶養家族がいない人とは具体的に、独身者や子どものいない共働きをしている夫婦などです。

扶養家族がいない人は、もしものときに必要となる資金や責任が少ないため、生命保険に入る必要はありません。

なかでも20代の若い世代は、病気・ケガをするリスクが小さく、老後までも時間的ゆとりがあります。

マガジン編集部
とはいえ、ほとんど資金のない人の家計は、急な病気・ケガへの出費に弱い傾向にあります
そのため、保険料が負担にならない程度で、最低限の医療保険に入るのがおすすめです。

十分な資金がある人

もしものときにも対応できる、十分な資金がある人は生命保険は必要ありません。
ただ、自分の資金をあまり減らしたくないという人は、例外的に生命保険に入るようにしましょう。
生命保険を活用するメリットは、一度でも保険料を支払えばまとまった保障を受けられることです。(貯蓄性の保険は除く)

マガジン編集部
生命保険は、もしものときのための備えを一定の保険料にとどめ、手元にある資金を守るための1つの方法です。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

まとめ

生命保険に入るべき人とは、もしものことがあったときに対応できる、十分な資金がない人でしたね。

具体的には、扶養家族のいる人、病気やケガに備えたい人、将来の資金に不安のある人です。

ただ生命保険の必要性が低い人でも、自分の資産を守ったり、リスクに備えたりするのに生命保険は有効です。

ぜひ、活用を検討してみてください。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事