がん保険は終身か定期、どちらがおすすめ?違いとメリットを徹底解説!
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

2人に1人はがんに罹患するといわれている現代、平均寿命も右肩上がりに延び続けていることもあって「がん保険」の重要性は増しています。

読者

調べていると、がん保険には「終身」「定期」の2つがあり、それぞれのメリットとデメリットが知りたいと思いました。

読者
将来まで見据えてがん保険を契約するのであれば、それぞれの特徴を知ったうえで検討を進めたいと思います。

そこで今回は、終身と定期のどちらのがん保険がおすすめなのかを解説します。

マガジン編集部
また、終身と定期のがん保険それぞれのメリット・デメリットも併せて見ていきましょう。

この記事の要点

  • 1.がんは年齢を重ねるほど罹患率や死亡率が上がっていく病気であり、高齢になっても保障を受けられる終身のがん保険がおすすめです。
  • 2.一方「子どもが成人するまでの一定期間だけ手厚く保障をしたい」という人であれば、定期のがん保険が選択肢になります。
  • 3.どの年齢までがんに対する保障を手厚くしたいのかを明確にしたうえで、終身のがん保険と定期のがん保険、それぞれのがん保険を比較していきましょう。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

終身のがん保険と定期のがん保険とは

終身のがん保険と定期のがん保険とは

まずは終身のがん保険と定期のがん保険とは何かを見ていきましょう。

終身のがん保険とは

終身がん保険は、文字どおり保障が一生涯続くがん保険のことです。

がんは一般的に、年齢を重ねるほど罹患する可能性が高くなります。

マガジン編集部
いつ万が一の事態が起こってもよいように備えたいのであれば、終身のがん保険が向いているといえるでしょう。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

定期のがん保険とは

定期のがん保険とは、保障される期間が10年・20年とあらかじめ決まっているがん保険です。

保険期間が限定される代わりに終身のがん保険と比較して保険料が割安になっており、保険料負担を抑えながら一定期間のがん保障を得られます。

読者
「子どもが独立するまで」など、一定期間だけがんの備えを手厚くしたい場合によさそうですね。

マガジン編集部
また満期を迎えた場合には、自動更新されることが一般的なため、面倒な手続きをしなくても契約は更新されます。

注意点

    ただし、70歳や80歳など保険会社が定める一定の年齢を迎えると更新できなくなります。

    終身と定期のがん保険の違いを徹底比較!

    終身と定期のがん保険の違いを徹底比較!

    それでは、実際終身のがん保険と定期のがん保険はどのような点に違いがあるのでしょうか。

    順を追って見ていきましょう。

    保険期間の違い

    終身がん保険では、一生涯にわたって保障が続きます。

    一方の定期がん保険は10年・20年など決められた期間が経過すると保険期間が終了し、多くの場合で自動更新されますが、80歳などの一定年齢を迎えると更新できなくなります。

    読者
    平均寿命が延びている昨今を鑑みると、生涯にわたって保障を得るためには終身がん保険のほうが適しているようにも思えますね。

    保険料のかかり方が違う

    終身のがん保険の場合、加入時の保険料をずっと支払い続けることになります。

    一方の定期のがん保険では更新した時点の年齢で保険料が再計算されます。

    注意点

      更新を続けるほど保険料は高くなっていくため、最終的に終身がん保険よりも割高になることもあります。

      終身の場合は支払い方法が2つに分かれる

      終身がん保険の場合、保険料の支払い方法によっても毎月の保険料が変わってきます。

      終身払い短期払いを選択することによって、「生涯にわたって支払い続けるか」「一定期間までに支払い終えるか」を決めることができます。

      ポイント

      • 終身払い=保険料を生涯にわたって支払い続ける
      • 短期払い=一定の年齢まで、または一定の期間内に保険料を支払う

      終身払いのほうが、毎月の保険料は安くなりますが、多くの場合は老後の収入は年金のみになるため、保険料の支払いが負担になるでしょう。

      一方の短期払いでは、毎月の保険料負担は大きくなる代わりに、60歳・65歳など一定の年齢に達するまでに支払いを終わらせることが可能です。

      マガジン編集部
      それ以降は保険料負担なく生涯にわたって保障を得ることができます。

      FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

      終身と定期のがん保険、どちらがおすすめ?

      終身と定期のがん保険、どちらがおすすめ?

      終身のがん保険と定期のがん保険、どちらが向いているかは保険に加入する目的によって異なります

      目的が「老後のがんに対する保障」であれば、基本的に終身のがん保険がおすすめです。

      終身のがん保険をおすすめする理由としては、以下の2つが挙げられます。

       終身のがん保険をおすすめする理由

      • がんに罹患する確率は高齢になるほど高くなる
      • 長い目で見ると終身のがん保険の保険料が安くなりやすい

      がんに罹患する確率は高齢になるほど高くなる

      がんに罹患するリスクは、高齢になるほど飛躍的に高くなります。

      ポイント

      • 70歳や80歳で更新ができなくなる定期のがん保険では、がんリスクが高くなる80代から90代をカバーすることができなくなるのです。
      • 終身がん保険であれば加入時の保険料のまま、一生涯保障を受けることができます。

      読者
      何歳になっても「保障を受けられない」という心配をしなくていいのはメリットですね。

      FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

      長い目で見ると終身のがん保険の保険料が安くなりやすい

      定期のがん保険は、加入した時点では終身のがん保険と比較して保険料は安くなります。

      たとえばA生命の定期と終身のがん保険で保険料を比較してみましょう。

      終身がん保険 定期がん保険
      保険期間 終身 10年
      諸条件

      ・被保険者:35歳男性

      ・診断給付金:1回のみ100万円

      ・入院給付金日額:1万円

      ・被保険者:35歳男性

      ・保険料払込期間:10年

      ・入院給付金日額:1万円

      保険料 2,080円

      790円

      今回は診断給付金を1回だけ受け取れるがん保険で、そのほかの給付金は「入院給付金」を1日1万円受け取れるだけのプランで比較しました。

      読者
      今回のケースの場合、35歳の加入時点で保険料に2倍以上の差があることが分かりますね。

      マガジン編集部
      しかし、更新時の年齢で保険料が見直されることに注意が必要です。

      ポイント

      • 一方の終身のがん保険は加入時から解約するまで、あるいは亡くなるまで同じ保険料のままです。
      • 最初の保険料は割高にみえますが、年齢を重ねるごとに定期のがん保険との差は縮まっていきます。
      • そして、最終的には定期のがん保険よりも割安になります。

      \保険加入を検討するなら/

      終身のがん保険のメリットとデメリット

      終身・定期のがん保険それぞれのメリット・デメリット

      終身のがん保険と定期のがん保険、それぞれのメリットとデメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか。

      まずは終身のがん保険のメリットとデメリットから見ていきましょう。

      終身がん保険のメリット

      保障が一生涯続く

      文字どおり、終身保険では保障が一生涯にわたって続きます。途中で更新もなく、契約した時点から保険料が上がることはありません

      読者
      若いうちに契約すると、安い保険料のまま老後を迎えることができるのはいいですね。

      年齢を重ね役職定年など退職間近になると、会社員の給与年収はピーク時よりも低くなることがあります。

      相対的に教育費・住宅ローンの負担が増すことが考えられるのです。

      ポイント

      若いうちに一生涯変わらない保険料の終身がん保険に加入しておくと、老後の保険料負担を抑えながら手厚くがんのリスクに備えられます。

      FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

      短期払いにすることで老後負担が軽減される

      終身がん保険では、払込期間中の保険料がずっと一定です。亡くなるまで、または払込期間が終わるまで同じ保険料を計画的に支払うことが可能になります。

      ただし、終身払いを選択した場合は保険料の支払いが生涯続くことになる点に注意が必要です。

      注意点

        年金収入しかなくなった老後も保険料を支払わなければいけません。

        マガジン編集部
        老後の収入減の不安があるのなら「短期払いを選択し、現役のうちに支払い終えることも可能です。

        終身がん保険のデメリット

        一方、終身のがん保険のデメリットとしては以下の項目が挙げられます。

        加入当初の保険料が高い

        加入時の年齢や保障内容が同じがん保険に加入する場合、定期のがん保険と比較して終身のがん保険は保険料が高くなります

        読者
        更新がなく保険料は生涯変わらなくても、最初は保険料支払いが負担に感じることもありそうですね。

        新しい保険に乗り換えにくい

        がんに限った話ではありませんが、医療の技術は日々進歩しています。

        新しい治療法ができると、保険の内容も治療法に合わせて進化するため、定期がん保険では更新のタイミングで乗り換えのきっかけをつくりやすいメリットがあります。

        注意点

          一方で終身がん保険の場合、加入した当時の保障内容が生涯にわたって続くことになります。

          終身がん保険を解約するとそれまでの保険料が無駄になる

          もし新しい保険に乗り換えると、若いときに安い保険料で加入したことが無駄になってしまうこともネックです。

          終身がん保険は加入当初の保険料が高いですが、これは言い換えれば将来の保険料の値上がり分を前払いしているという考え方もできます。

          読者
          解約することで支払ってきた保険料がすべて無駄になると思うと、新しい保険に乗り換えにくくなりますね。

          保険金の価値が相対的に安くなる可能性がある

          保険金が1日1万円受け取れるがん保険にしたとして、今の1万円の価値が将来も同じ1万円であるとは限りません。

          注意点

          • 1年程度では物価が極端に変わることはありませんが、20年、30年後にどうなるかは分かりません。
          • 政府はオーバーシュート型コミットメントという金融政策のもとで、消費者物価の前年比上昇率を2%に定めています。
          • 物価が上がることになればその分だけ1円ごとの価値は下がります。

          マガジン編集部
          入院費用が1日1万円で済んでいたものが2万円必要になった場合、保険を使って得られる1万円の価値は半減することになります。

          定期がん保険のメリットとデメリット

          定期がん保険のメリットとデメリット

          一方の定期がん保険のメリットとデメリットについても見ていきましょう。

          加入当初の保険料は終身より割安

          定期のがん保険は、毎月の保険料が安いという点が大きなメリットです。

          マガジン編集部
          同じ保障内容であれば、終身保険より保険料は割安になります。

          ただし、更新を重ねることで保険料が上がります。終身がん保険との差が縮まっていずれは逆転されてしまうのです。

          ポイント

          • しかし、短期間だけ加入したいのであれば、将来の値上がりリスクを気にする必要はありません。
          • 保険料が上がるまでの一定期間だけ手厚く備えたいのであれば、割安な保険料で手厚い保障を得られます。

          たとえば、子どもの教育費用が多くかかり貯蓄が不十分な「30~40代のうちだけ」など一定期間だけ備えたい人に向いています。

          保障内容を定期的に見直しやすい

          定期のがん保険は、保障内容を定期的に見直しやすいメリットがあります。

          がん治療は次々と新しい治療法の発見や治療薬の開発がなされており、今後は従来のがん保険では保障されない治療法が生まれることも考えられるでしょう。

          マガジン編集部
          治療法が変化すると、従来のがん保険の保障では不十分になることもあるのです。

          たとえば昔と比較すると現在では入院日数が短くなっています

          厚生労働省の「平成29年(2017)患者調査の概況」によれば、施設の種類別に見た入院日数の推移は以下のとおりです。

          総数(病院+一般診療所) 病院 一般診療所
          平成29年 29.3 30.6 12.9
          平成26年 31.9 33.2 17.4
          平成23年 32.8 34.3 17.5
          平成20年 35.6 37.4 18.5
          平成17年 37.5 39.2 21.6
          平成14年 37.9 40.1 19.0
          平成11年 39.3 41.8 19.3
          平成8年 40.8 43.4 22.2

          引用元:厚生労働省|平成29年(2017)患者調査の概況|11Pをもとに作成

          基本的に入院日数は右肩下がリで推移しています。

          ポイント

          • この傾向が今後も続くようであれば、今の入院給付金よりもさらに少ない保障で済むことが考えられるでしょう。
          • その代わりに、通院給付金の保障は今よりも充実させる必要があります。

          読者
          このように治療の方針が変わったとしても、定期のがん保険であれば更新の時期に柔軟に見直しが可能ですね。

          定期がん保険のデメリット

          逆に定期がん保険のデメリットとなる点を見ていきましょう。

          更新を重ねるごとに保険料が上がる

          定期のがん保険は、満期を迎えると自動的に更新されます。

          注意点

            ただし、更新のタイミングで保険料は高くなります。

            たとえばA生命の定期がん保険を契約していた場合の、保険料の値上がり具合を見ていきましょう。

            前提条件

            ・保険期間:10年

            ・入院給付金:1日につき1万円

            ・診断給付金:100万円(1回のみ)

            35歳 790円
            45歳 1,280円
            55歳 2,250円
            65歳 4,610円

            35歳で加入後に更新を重ねると保険料が上がっていく様子が分かります。

            読者
            最終的にはもともとの5倍以上の保険料を支払うことになってしまっていますね。

            がんに備えたい年齢では更新できない

            注意点

            • 定期のがん保険の場合、生涯にわたって保障を継続させることができません。
            • 定期のがん保険は80歳前後で「最長保険期間」を迎えるため、更新ができなくなります。

            読者
            それ以降の年齢をがん保険なしで迎えることになってしまうんですね。

            ポイント

            • 国立がん研究センターの最新がん統計によれば、「がん罹患率」は男女とも50代から80代まで右肩上がりになっています。
            • 60代以降は女性よりも男性のほうが顕著にがんに罹患する可能性が高くなります。

            「がん死亡率」も同様です。

            60代から死亡率が増加し、高齢になるほど高くなります。

            マガジン編集部
            特に男性の死亡率は女性と比較して顕著に高くなるのが特徴です。

            出典:国立がん研究センター|最新がん統計

            注意点

            • もっとも罹患率が高くなる80~90代には、定期のがん保険では更新ができない可能性があります。
            • また更新できたとしても、今までよりも保険料はさらに割高になる点もネックです。

            終身保険であれば、90歳でも100歳でも、若いときのままの保険料でリスクに備えられます。

            FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

            おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

            各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

            どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

             無料の保険相談所とは
            • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
            • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
            • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
            • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

            保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

            1.ほけんのぜんぶ

            おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

            おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

            「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

            1. 取扱保険会社数38社
            2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
            3. オンライン保険相談も可能!
            4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
            5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

            相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

            取扱保険会社数

            合計:38社 
            (生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

            主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
            対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
            オンライン保険相談 対応可能
            キャンペーン あり
            今ならゆめぴりか米プレゼント
            FPに相談する(無料)

            2.保険マンモス

            おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

            保険マンモスのここがおすすめ!

            1. 相談満足度95%※1
            2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
            3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
            4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

            相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

            ※2 保険マンモスが達成した三冠とは
            自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
            取扱保険会社数

            提携先による

            主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
            対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
            オンライン保険相談 提携先による
            キャンペーン あり

            保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

            ※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
            ※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

            3.マネードクター

            おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

            マネードクターのここがおすすめ!

            1. 取扱保険会社数31社 ※1
            2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
            3. 相談満足度92.9% ※3
            4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
            5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
            6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

            無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

            取扱保険会社数

            合計:31社 ※1
            (生命保険:22社 損害保険:9社)

            主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
            対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
            オンライン保険相談 対応可能
            キャンペーン あり

            マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

            ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

            ※1…2021年10月現在
            ※2…2020年度実績
            ※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

            4.保険市場

            おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

            保険市場のここがおすすめ!

            1. 取扱保険会は業界最大の84社
            2. オンラインでの相談が可能
            3. 業界のなかで老舗
            4. 東証一部上場企業

            取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

            取扱保険会社数

            合計:84社 
            (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

            主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
            対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
            オンライン保険相談 対応可能
            キャンペーン なし

            5.保険無料相談ドットコム

            おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

            保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

            1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
            2. 電話やオンラインでの相談が可能
            3. お客様満足度97.6%!
            取扱保険会社数 合計:22 
            (生命保険:15社 損害保険:7社)
            主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
            対応地域 一部対応できない地域あり
            オンライン保険相談 対応可能
            キャンペーン あり

            無料保険相談所の選び方

            無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

            数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

            最適な保険相談所の選び方
            • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
            • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
            • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

            1.保険相談をする場所はどこが良いか

            新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
            わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
            POINT
            カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
            その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
            マガジン編集部
            その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

            2.相談担当者が専門知識を有しているか

            無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

            保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

            FP(ファイナンシャルプランナー)とは
            • 保険
            • 教育資金
            • 年金制度
            • 家計にかかわる金融
            • 不動産
            • 住宅ローン
            • 税制など

            生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

            3.取り扱っている保険会社数の多さ

            無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

            マガジン編集部
            取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

            それでもどこにするか迷ったら

            どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

            しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

            どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

            おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

            今ならゆめぴりか米プレゼント
            FPに相談する(無料)

            まとめ

            今回は「終身のがん保険」「定期のがん保険」それぞれのメリット・デメリットと、おすすめのがん保険はどちらのなのかについて解説しました。

            がんは年齢を重ねるほど罹患率や死亡率が上がっていく病気であり、高齢になっても保障を受けられる終身のがん保険がおすすめです。一方「子どもが成人するまでの一定期間だけ保障を手厚くしたい」という方であれば、定期のがん保険が選択肢になります。

            どの年齢までがんに対する保障を手厚くしたいのかを明確にしたうえで、終身のがん保険と定期のがん保険、それぞれのがん保険を比較していきましょう。

            マガジン編集部
            迷われる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
            今ならゆめぴりか米プレゼント
            FPに相談する(無料)
            本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
            本コンテンツは商品の概要を説明しています。
            詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
            弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
            本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
            また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
            おすすめの記事