医療保険の支払限度日数は60日と120 日どちらがおすすめか検証!
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

がん保険に興味があるけれど今の自分に必要なのか、そもそも何歳から加入できるのかわからず、悩んでいませんか?

それは、がん保険の概要やがん保険への加入率がわからないことが一因です。

読者
がんに不安があるけれど、何歳から加入すべきなのでしょうか?他の人は何歳からがん保険に入っているのか気になります。

読者
がん保険に加入できる年齢や加入率、若いうちからがん保険に加入するメリット・デメリット等も知りたいです。

マガジン編集部
そのように思っている人は、この記事にあることを学ぶと、がんになりやすい年齢やがん保険への加入率がわかって、適切なタイミングでがん保険を活用できますよ。
がんの罹患率やがん保険の加入傾向を知ることで、自分にあった時期に適切ながん保険への申し込みを検討する人もいます。
本記事を読めば、ご自身にあったがん保険の加入時期や活用方法がわかりますよ!

この記事の要点

  • 1.がん保険とは、被保険者ががんになったときに、治療費や生活費などの経済的損失を補填するための保険。
  • 2.がんに罹患する確率が大きく上がるのは60代からだが、がん保険の加入率が最も高いのは男女ともに40代。
  • 3.若いうちからがん保険に加入するメリットは「保険料が安く抑えられる傾向にある」「健康状態によって加入できないリスクが少ない」「免責期間中の罹患で保障が受けられないリスクが少ない」「万が一がんに罹患しても、経済的損失をカバーできる」など。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

がん保険とは

がん保険とは

がん保険とは?
がん保険とは、被保険者ががんになったときに、治療費や生活費などの経済的損失を補填するための保険です。
がんは、症状が重くなる場合があります。
一度がんに罹患すると、入院や手術、治療の費用がかかる上、働けなくなって収入が途絶えてしまう可能性もあります。

マガジン編集部
がんによって起こる、そのような経済的リスクに備えるのががん保険です。
またがん保険は、医療保険に保障内容が似ていますが、「がんに特化した医療保険」と考えれば、イメージしやすいでしょう。

 がん保険の注意点

  • がん保険には「免責期間」といって、保険加入後一定期間中にがんに罹患しても、保障が適用されないという制度があります。(※中には、免責期間がない商品を扱っている保険会社もあります。)
  • というのもがんは罹患してもすぐには症状が出ないことが多く、保険加入時点ですでにがんに罹患している恐れがあり、保険の公平性を保つためです。
  • 免責期間は、商品によって異なりますが、90日間が一般的なようです。
がん保険の主な保障は、被保険者が、がんと診断されたときにまとまった資金(がん診断給付金)を支払うことですが、他にも次のような保障があります。

 がん保険の保障の種類

  • がん保険診断給付金:がんと診断されたときに、一時金を受け取れる
  • がん治療給付金:投薬などの治療をしたときに、一時金を受け取れる
  • がん入院給付金:がんで入院したときに、入院日数に応じて給付金を受け取れる
  • がん手術給付金:がんの手術をしたときに、給付金を受け取れる
  • がん通院給付金:がんの治療のために通院したときに、給付金を受け取れる
  • がん先進医療給付金:がん治療のための重粒子線などの先進医療を受けたときに、その費用が補填される
  • がん収入保障給付金:がんによって収入が減少したときに、収入を補填するための給付金を受け取れる
  • 女性向けがん給付金:女性特有のがん(乳がんや子宮頸がんなど)と診断されたときに、一時金を受け取れる
  • がん保険料払込免除:がんと診断されたときに、以降の保険料の支払いが免除される

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

がん保険は何歳から加入できる?

がん保険は何歳から加入できる?

マガジン編集部
がん保険への加入は、各生命保険会社が取り扱う商品によって異なりますが、多くの場合10代から70代の人が加入できるようになっています。

保険会社が定める年齢の範囲内であれば、申し込みをする事ができます。

そのため、年齢を理由に加入できないと不安を感じる必要はありません。

がん保険の加入年齢に関する注意点

  • ただし、がん保険に加入するには告知や医師による診断などの健康状態の確認が必要です。
  • 当然、年齢が高ければ高いほど、病気・ケガをするリスクが高く、持病・入院歴を抱える恐れもあります。
  • するとそれらが原因で、がん保険に加入できない可能性があることには注意してください。
  • つまり、若くて健康な人ほど、がん保険への加入はしやすいということです。
まずは興味のあるがん保険が、自分の年齢で加入できるのかを確認してみてください。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

がん保険は何歳から加入するべき?

がん保険は何歳から加入するべき?

読者
がん保険の概要や加入できる年齢はわかりました。ただ実際、何歳から加入すれば良いのでしょうか?

マガジン編集部
ご自身に適したがん保険への加入タイミングを考えるには、年齢別の「がんの罹患率」や「がん保険への加入率」が参考になります。

がんになる年齢は何歳が多い?

結論からお伝えすると、がんに罹患する確率が大きく上がるのは、60代からです。

現在0歳の子どもが歳を重ねるごとに、がんにかかる確率がいくらになるのかをまとめた、次の表を見れば一目瞭然です。

現在0歳の子どもの80年後までのがん罹患率(男性)
現在の年齢 10年後 20年後 30年後 40年後 50年後 60年後 70年後 80年後
0歳 0.2% 0.3% 0.6% 1.2% 2.7% 7.8% 21.9% 43.6%
現在0歳の子どもの80年後までのがん罹患率(女性)
現在の年齢 10年後 20年後 30年後 40年後 50年後 60年後 70年後 80年後
0歳 0.1% 0.3% 0.7% 2.3% 6.3% 12.4% 21.2% 32.8%

 (出典:国立がん研究センター「最新がん統計 がんに罹患する確率~累積罹患リスク(2017年データに基づく)」をもとに作成

確かに、60年後から70年後にかけて、急に上がっていますね。

読者
女性だと、50代から確率が高くなっています。

 男女のがん罹患率のポイント

  • 50代までは、基本的に女性のがん罹患率の方が高く推移しています。
  • しかし60代を越えると、男性の方が高くなります。
  • そのため、比較的若い年代の間で、女性特有のがんに備える女性向けがん保険が注目されているのです。

マガジン編集部
また、何かしらのがんに罹患する割合は、国立がん研究センターの「最新がん統計」によると男性が65.5%、女性が50.2%となっていて、実に日本人の2人に1人以上は、がんにかかっているのです。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

年齢別のがん保険加入率は?

年齢別のがん保険の加入率は、次の表のようになっています。

(単位:%)

年齢別のがん保険加入率
全体 18〜19歳 20代 30代 40代 50代 60代
全体 42.6 6.1 25.4 46.4 50.8 44.7 40.3
男性 43.2 4.7 22.0 46.3 52.8 46.8 42.2
女性 42.2 7.7 28.9 46.5 49.2 43.1 39.0

(出典:生命保険文化センター|令和元年度「生命保険に関する調査」|第Ⅱ章医療保障|ガン保険・ガン特約、特定疾病保障保険・特定疾病保障特約の加入率

がん保険の加入率は、30代から一気に増え、50代を境に減少傾向にあるのがわかりますね。

読者
どうして、がん罹患率の高い世代が、がん保険に加入していないのでしょうか?

マガジン編集部
その主な理由は、「家計への経済的な責任」にあると思われます。

50〜60代にかけてがん保険の加入率が減少する理由

  • 加入率が高い30・40代の多くは家庭をもち、配偶者や子どもなど、扶養家族がいると推測できます。
  • そのため、日々の生活だけではなく、子どもの教育費や住宅ローン、カーローンなど、家計に対する経済的な責任が極めて大きくなっています。
  • その中でがんに罹患してしまうと、治療費がかかるのはもちろん、場合によっては収入も途絶えてしまいかねません。
  • そのようなリスクを避けるべく、家庭をもつ割合の高い30・40代は、がん保険に加入していると考えられます。
  • そのことを裏付けるように、子どもの養育の責任を果たし終えたであろう50・60代は、がん罹患率が高い世代にかかわらず、がん保険の加入率が比較的、低くなっています。
  • また老後に向けて、一定の資金の蓄えがあることも考えられるでしょう。

読者
全体の加入率が42.6%と、他の生命保険よりも加入率が低いのも気になります。

マガジン編集部
確かに、生命保険の加入率は80%を超えており(同調査「令和元年度 生活保障に関する調査」)、がん保険の加入率は、比較的低いと言えますね。

 がん保険の加入率が、他の保険に比べて低い理由

  • その理由として考えられるのは、がん保険が「がんに特化した」保険だからではないでしょうか?
  • というのも、がんの死亡率や罹患率が高いとはいえ、もちろん他の病気・ケガをするリスクがあります。
  • つまりがん以外の病気・ケガをするリスクが高いため、まずは入院・手術などの医療費を満遍なく保障してくれる医療保険への加入が優先されます。
  • また誰にでも訪れる、「死亡」に備えたいと考えている保険加入者は多そうです。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

おすすめのがん保険商品2選

PR

チューリッヒ生命
「終身ガン治療保険プレミアムZ」

終身ガン治療保険プレミアムZ

 

チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムZ」なら、お手頃な保険料で今の時代にぴったりな保障を受けられる!

ここがおすすめ!

  1. 所定の抗がん剤治療に対して基準給付月額の最大120ヶ月分の長期保障を受けられる!
  2. 所定の自由診療による抗がん剤治療の給付金を基準給付月額の2倍のⅠ型と、4倍のⅡ型から選択できる!
  3. これからの医療技術の発達により確立する「新しい治療」にも対応できる!
チューリッヒ生命
「終身ガン治療保険プレミアムZ」保険料例

年齢 男性 女性
25歳 1,360円 1,485円
30歳 1,605円 1,710円
35歳 1,910円 1,970円
40歳 2,335円 2,200円
50歳 3,640円 2,630円
《シンプルプラン》
保険期間・保険料払込期間:終身
[主契約]抗がん剤治療給付金 月額10万円、自由診療抗がん剤治療給付金Ⅰ型 月額20万円[特約]ガン治療特約、悪性新生物保険料払込免除特約(Z03)、ガン通院特約(Z03)日額5,000円
※2022年4月1日現在
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)
募補0685-0428

PR

アクサダイレクト生命
「がん終身」

商品の特徴

  1. がんと初めて診断確定されたとき「がん診断給付金」を、がん治療を目的とした入院時には「がん入院給付金」が受け取れて、ダブルで安心!
  2. 悪性新生物だけでなく、上皮内新生物でも給付金が満額受け取れる!
  3. 手厚く備えたい場合は必要な分だけ保障を追加できる!
  4. オプション追加で、がんにならなかった場合、3年ごとに5万円または10万円受け取れる!
アクサダイレクト生命
「がん終身」保険料例

年齢 男性 女性
20歳 595円 530円
30歳 855円 720円
40歳 1,275円 955円
50歳 1,930円 1,225円
60歳 2,880円 1,585円

保険期間・保険料払込期間:終身
がん入院給付金日額:5,000円
がん診断給付金:50万円
※2022年3月現在

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

アクサダイレクト生命のホームページに遷移します。

AXD-223-023

若いうちからがん保険に加入するメリットとデメリットは?

若いうちからがん保険に加入するメリットとデメリットは?

読者
若い人は、がんにかかるリスクが少ないので、別に急いで加入する必要はありませんよね?

マガジン編集部
そんなことはありませんよ。がん保険には若いうちに加入するからこそのメリットがあります。
そのような疑問にお答えするために、ここでは若いうちにがん保険に加入するメリット・デメリットをまとめていきます。

若いうちにがん保険に加入するメリット

まず、若いうちにがん保険に加入するメリットから見ていきましょう。

ポイント

  • 保険料が安く抑えられる傾向にある
  • 健康状態によって加入できないリスクが少ない
  • 免責期間中の罹患で保障が受けられないリスクが少ない
  • 万が一がんに罹患しても、経済的損失をカバーできる

保険料が安く抑えられる傾向にある

若いうちにがん保険に加入すると、保険料が安く抑えられる傾向にあります。

というのも、若い人は上の世代の人よりも健康で、がんにかかるリスクが少ないからです。

マガジン編集部
若いうちに安い保険料で加入しておくと、継続的に加入していても、全体の保険料が安くなる傾向にあります。

健康状態によって加入できないリスクが少ない

繰り返しになりますが、がん保険に加入するには、健康状態をはかる告知や医師の診断を受けなければなりません。

もし持病や入院歴、健康状態の悪化が認められると、がん保険に加入できない恐れがあります。

マガジン編集部
若く健康なうちに加入すれば、持病や入院歴によって加入できない恐れが少ないです。

免責期間中の罹患で保障が受けられないリスクが少ない

上記とほぼ同じことですが、若く健康なうちは、がんの罹患率も少ないため、がん保険契約後の免責期間中にがんが発覚するリスクも少ないでしょう。

せっかく加入できても、保障を使えなければ意味がありません。

マガジン編集部
若いうちから加入することで、保障を受けられる可能性が高まるのです。

万が一罹患しても、経済的損失をカバーできる

若いうちは働き盛りです。

ただし、収入は上の世代に比べて多くありません。

そのため万が一、がんに罹患してしまうと、経済的にダメージが大きいです。

読者
特に家庭をもつ人の負担は大きいですよね。

マガジン編集部
その万が一が起こっても、がん保険に加入しておけば経済的な困窮から立ち直りやすくなります。がん保険の本来の価値が発揮されると言えるでしょう。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

若いうちにがん保険に加入するデメリット

続いて、若いうちにがん保険に加入するデメリットです。

 若いうちにがん保険に加入するデメリット

  • 保障内容が古くなる恐れがある
  • 保険料負担が気になる

保障内容が古くなる恐れがある

日本人を取り巻く、「がん」についての環境は日々、進化しています。

例えば最先端の薬や治療法、手術法が開発・確立されたり、効果的な予防方法がわかったりなど。

その度にがん治療にかかる費用も大きく変わっていきます。

マガジン編集部
もちろんがん保険も、そのような環境の変化に合わせて進化しています。
ただし、がん保険は長期間にわたって加入するのが前提であるため、一度加入した保険が新たに開発された保険よりも「保障が不十分」ということがあります。
保険会社によっては、特約によって保障内容を新しくすることもあるので、数年単位で確認するのがおすすめです。

保険料負担が気になる

若い世代は、収入も少なく、保険料を負担に感じるものです。

さらにがん保険は、重要な保障とはいえ、罹患しなければ、加入を無駄に感じてしまうかもしれません。

マガジン編集部
ただがん保険に限らず、「転ばぬ先の杖」として、万が一に備え安心感を与えるのも保険の1つの役割です。
保険料を負担に感じるなら、保障内容の変更などの工夫ができるので、検討してみましょう。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
POINT
カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
マガジン編集部
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

まとめ

がん保険とは、被保険者ががんになったときに、治療費や生活費などの経済的損失を補填するための保険でした。

がんに罹患する確立が高いのは、60代以降の世代でしたが、がん保険の加入率で高いのは40代でした。

とはいえ、若いうちに加入すると保険料を安く抑えられたり、加入できないリスクが少なかったりといったメリットがあります。

今や2人に1人はがんにかかる時代です。

マガジン編集部
いつでも入れると考えるよりは、少しでも早く加入の検討をすることをおすすめします。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事