育児休業給付金はいつからもらえる?|支給開始時期

読者
保険比較サイトで学資保険の人気ランキング上位にフコク生命の学資保険「みらいのつばさ(5年ごと配当付学資保険)」をよく見かけるので気になっています。

読者
フコク生命の学資保険にはどんな特徴があるのでしょうか?返戻率が高いと目にしましたが、実際にはどれくらいお得になるのでしょうか?

マガジン編集部
今回の記事では、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の特徴保険料、実際に加入している方の口コミ評判について解説します。

フコク生命の学資保険を検討するときの注意点も紹介しますので、検討中の方は参考にしてください。

この記事の要点

  • 1.フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は、返戻率が高く、満期繰上制度や兄弟割引など特徴のある商品内容も魅力です。
  • 2.また、担当者が自宅まで来て対応してくれるので安心感もあります。
  • 3.ただし、最も教育資金が必要な大学入学時に重点をおく場合、大学入学祝金を受け取る事はできるが、18歳満期がないのが気になるところです。「いつ教育資金が必要になるか」を明確にすることが、学資保険選びのポイントです。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

フコク生命の学資保険の特徴

フコク生命の学資保険の特徴

フコク生命の「みらいのつばさ」は2010年11月に発売された学資保険で、発売以来、累計契約件数約35万件の人気商品です。

主な特徴は次の通りです。

ポイント

  • 2種類の受取方法と3種類の払込期間を選択できる
  • 返戻率が高い
  • 契約者が死亡・高度障害状態に該当したとき保険料払込免除になる
  • 兄弟割引がある
  • 祝金が入学前の11月1日に受け取れる
  • そのほかの特徴

それぞれの特徴についてみていきましょう。

2種類の受取方法と3種類の払込期間を選択できる

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の特徴の1つ目は、2種類の受取方法3種類の払込期間を選択できることです。

マガジン編集部
教育費の必要な時期に応じて受取方法を設定し、保険料の支払い能力に応じて払込期間を設定できます。

2種類の受取方法

フコク生命の学資保険には、ライフスタイルにあわせた2種類の受取方法があります。

ポイント

  • S(ステップ)型:幼稚園・保育園の入園時から大学卒業時まで合計7回の祝金・満期保険金が受け取れるタイプ
  • J(ジャンプ)型:大学入学時と卒業時の2回、祝金・満期保険金が受け取れるタイプ

S(ステップ)型は、幼稚園・保育園の入園時から進学の都度、祝金を受け取れるのが特徴です。

マガジン編集部
私立の小・中学校へ進学するなど、早い時期から教育費がかかる予定があるならS(ステップ)型がおすすめです。

もし、祝金が不要なときには、祝金を据え置いて必要な時期に備えることもできます。

S(ステップ)型の祝金・満期保険金は次の通り支給されます。(満期保険金額100万円の場合)

S(ステップ)型の祝金・満期保険金
支払時期 祝金・満期保険金
幼稚園入園(3歳) 5万円
小学校入学(6歳) 5万円
中学校入学(12歳) 10万円
高校入学(15歳) 10万円
大学入学(18歳) 70万円
成人祝金(20歳) 10万円
満期保険金(22歳) 100万円

J(ジャンプ)型の祝金は、満期保険金を除けば大学入学時だけです。

読者
つまり、大学進学時の資金準備に重点を置いた学資保険ということですね。

マガジン編集部
途中で積立金を引き出さない分、多くの資金を運用できるので返戻率は高くなります。

J(ジャンプ)型の祝金・満期保険金は次の通り支給されます。(満期保険金額100万円の場合)

J(ジャンプ)型の祝金・満期保険金
支払時期 祝金・満期保険金
大学入学(18歳) 100万円
満期保険金(22歳) 100万円

3種類の払込期間

フコク生命の学資保険の保険料払込期間は、次の3種類です。

ポイント

  • 11歳払込満了
  • 14歳払込満了
  • 17歳払込満了

払込期間は満期や18歳までというのが一般的ですが、フコク生命の学資保険は子どもが小・中学生のうちに保険料を払い終えることも可能です。

マガジン編集部
早めに保険料を払い終えるメリットは次の2つです。

ポイント

  • 塾代などの教育費は子どもが進学するほど負担が大きい。教育費負担の少ない時期に保険料を払い終えることができる
  • 早期に払い込んだ保険料を長期間運用できるので、返戻率が高くなる傾向にある

 

ただし、11歳、14歳払込満了を選択した場合、17歳払込と比べて月々の保険料は高くなります

人気の受取方法と払込期間

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」で、人気の受取方法と払込期間の組み合わせは次の通りです。

ポイント

  • 第1位:S(ステップ)型・払込期間17歳
  • 第2位:J(ジャンプ)型・払込期間17歳
  • 第3位:J(ジャンプ)型・払込期間11歳

参考:フコク生命「“みらいのつばさ”のよく選ばれるプラン例」

マガジン編集部
S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型のどちらが人気かは判定しづらいですが、払込期間は17歳までが人気の傾向にあるようです。

加入時の年齢にもよりますが、払込期間17歳ならば保険料は1万円前後です。子どもの保険料としては平均的な金額でしょう。

また、受取方法を選択(S型とJ型)するときは、教育費のデータが参考になります。

ステージごとの平均教育費
幼稚園 小学校 中学校 高校 大学 合計
全て国公立 約45万円 約193万円 約146万円 約137万円 約477万円 約998万円
全て私立 約95万円 約959万円 約422万円 約290万円 約643万円 約2,409万円

※大学…国公立:文理系、私立:文系 どちらも自宅通学
※幼稚園については幼児教育無償化を反映し授業料を控除
参考:フコク生命「教育費は平均いくら?幼稚園から大学までに準備するべき総額とは」

返戻率が高い

フコク生命の学資保険の特徴の2つ目は、返戻率(※)が高いことです。

ポイント

    返戻率(%)=(祝金・満期保険金の受取総額)/(払込保険料総額)✕100

    年齢、払込期間など条件によって返戻率は異なるため、保険会社間の返戻率の正確な比較は困難です。

    マガジン編集部
    しかし、フコク生命の学資保険は、明治安田生命やソニー生命、日本生命などとともに返戻率の高い学資保険といわれます。

    受取方法と払込期間の違いによる返戻率は次の通りです。(契約者は1991年4月生まれの30歳男性、子どもは2021年4月生まれで試算)

    受取方法と払込期間別の返戻率(満期保険金額100万円の場合)
    受取方法 払込期間 返戻率
    S(ステップ)型 11歳 104.7%
    S(ステップ)型 14歳 103.0%
    S(ステップ)型 17歳 101.2%
    J(ジャンプ)型 11歳 105.5%
    J(ジャンプ)型 14歳 103.8%
    J(ジャンプ)型 17歳 101.9%

    返戻率が高いのは、払込期間が短い11歳払込満了ですが他の払込期間と比べて保険料は高くなります

    前述の人気の受取方法と払込期間では、最も返戻率の高い「J(ジャンプ)型・払込期間11歳」が第3位という結果でした。

    保険料払込免除の保障がある

    フコク生命の学資保険の特徴の3つ目は、保険料払込免除の保障があることです。

    保険料の払い込みが免除になるのは、下記ケースに該当した場合です。

    ポイント

    • 契約者が死亡したとき
    • 契約者が高度障害状態になったとき
    • 契約者が不慮の事故で所定の身体障害状態になったとき

    読者
    契約者が万一のときでも子どもの学資が確保できるのが安心ですね。

    兄弟割引がある

    フコク生命の学資保険の特徴の4つ目は、兄弟割引があることです。

    兄弟割引が適用される条件は次の2つです。

    ポイント

    • 兄弟の2契約の契約者が同じであること
    • 兄弟の契約が有効継続していること

    兄弟の契約が既に解約されていたり、満期で終了している場合は対象外です。また、兄弟が同時に申し込む必要はありません。

    割引額は満期保険金額10万円につき月10円です。

    マガジン編集部
    加入者の多い満期保険金100万円のタイプなら、月々の保険料は100円安くなります。

    読者
    保険料払込期間が10年間なら累計12,000円の保険料が節約できますね。

    祝金が入学前の11月1日に受け取れる

    フコク生命の学資保険の特徴の5つ目は、祝金が入学前の11月1日に受け取れることです。

    注意点

    • ほかの学資保険では、大学入学時(18歳時)の祝金を受け取れるのが「18歳の誕生日後の最初の契約日」になることもあります。
    • この場合、大学入学後に祝金を受け取ることになり入学金の支払いに使えません。

    フコク生命の場合は、大学入学前の11月1日に祝金が受け取れるため、入学金などの準備に活用できます。

    そのほかの特徴

    フコク生命の学資保険について、そのほかの主な特徴は次の通りです。

    • 加入年齢:子どもの加入年齢は0歳~7歳。父母が加入できる最高年齢は子どもの年齢、受取方法、払込期間、払方によって異なります。
    父母が加入できる最高年齢(S型・11歳払込満了・年払の場合)
    子どもの年齢
    0歳 59歳 63歳
    1歳 60歳 64歳
    2歳 62歳 65歳
    3歳 63歳 66歳
    4歳 64歳 67歳
    5歳 66歳 68歳
    6歳 67歳 69歳
    7歳 69歳 70歳
    • 出生前加入:出産予定日の140日前から加入可能
    • 満期保険金額:80万円から10万円単位での設定が可能(※満期保険金額の下限、上限については、契約者の契約年齢・保険料払込期間により異なります。)
    • 配当金:あり(※毎年の決算により生じた剰余金をもとに、ご契約6年目から5年ごとに支払います。配当金額はご契約後5年ごとに通算した危険差損益、利益損益および費差損益にもとづいて計算されます。そのため、配当金額は増減し、決算状況によっては0となることもあります。)
    • 払込方法:月払・半年払・年払から選択。一時払はないが、全期前納は可能

     

    フコク生命の学資保険の口コミ評判

    フコク生命の学資保険の口コミ評判

    読者
    フコク生命の学資保険の特徴について解説してきましたが、実際に加入している人はどう感じているのでしょうか。

    マガジン編集部
    インターネット上の【良い】口コミ評判と【イマイチな】口コミ評判を紹介します。

    フコク生命の学資保険の【良い】口コミ評判

    フコク生命の学資保険の【良い】口コミ評判は次の通りです。

    返戻率が高い

    ほかの保険会社の学資保険のプランより、利率がよかったので満足です。(20代・女性)
    節目にお金を受け取れる

    入学時、卒業時など節目の時にお金を受け取れるのでありがたい。また、受け取らずそのまま貯蓄することもできる。(20代・女性)
    わかりやすい

    受取時期と受取金額がわかりやすいところ。少額でも3歳からもらえるのは有難い(30代・女性)

    フコク生命の学資保険の【イマイチな】口コミ評判

    フコク生命の学資保険の【イマイチな】口コミ評判は次の通りです。

    入院特約が付かない

    安くない金額を払っているので、入院保障または損害賠償の特約がプラス数百円でつけられればいいのになあと思った。(30代・女性)
    クレジットカード払いができない

    支払いをまとめたいのでクレジットカード払いにしたかったができなかった。(30代・女性)
    今ならプレゼント
    キャンペーン実施中

    FPに相談する(無料)

    おすすめの学資保険3選

    1.フコク生命
    「みらいのつばさ(5年ごと配当付学資保険)」

     

    フコク生命の「みらいのつばさ」なら、細かなところまで考えた商品設計のため、お子さまの未来に合わせて充実したプランを選ぶことができます!

    ここがおすすめ!

    1. ライフスタイルに合わせて受取方法や払込期間を選べます
    2. 契約者にもしものことがあった場合、以降の保険料の払い込みは不要になります
    3. 2人目の子どもからは保険料が割安になります※ 
      ※所定の条件があります。

    ご契約例

    入園や入学のたびにこまめに祝金がもらえて家計にやさしいプラン「S(ステップ)型」のご契約例になります。

    ご契約例
    S(ステップ)型
    月払/年払 月払
    契約者 30歳男性
    被保険者(お子さま) 0歳
    保険期間 22歳満了
    保険料払込期間 17歳満了
    保険料 10,170円/
    払込保険料総額 2,074,680
    受取額資金総額 2,100,000円
    満期保険金 1,000,000円
    返戻率*¹ 101.2

    *¹返戻率は「受取総額÷保険料総額×100」で計算しており、契約者、被保険者(お子さま)の契約日における年齢、契約者の性別、保険料払い込み方法によって異なります

     

    受取りタイミングのイメージ

    お子さまの成長にはなにかと細かい出費が必要となります。

    入園や入学のたびにこまめに祝金がもらえて、払込期間が17歳なので毎回の保険料の負担が少なく家計に優しいというのが「S(ステップ)型の払込期間17歳」が選ばれている理由です。

    今ならプレゼント
    キャンペーン実施中

    FPに相談する(無料)

    (登)D-2020-33(2021.3.16)

    2.三井住友海上あいおい生命
    「&LIFE こども保険
    (5年ごと利差配当付こども保険)」

     

    三井住友海上あいおい生命の「&LIFE こども保険」なら、お子さまの教育資金に加えて医療保障まで備えることができます!

    ここがおすすめ!

    1. 進学の時期に合わせてお祝金を受け取れます
    2. 契約者が万一のときには、養育年金を受け取れます
    3. 子どもの病気やケガにしっかり備えられます

    ご契約例

    契約者が万一(死亡・高度障害)のときに養育年金*¹のお支払いがあるプラン「Ⅰ型」のご契約例になります。
    *¹満期になるまでの間、子どもに毎月支払われる年金

    ご契約例
    Ⅰ型
    月払/年払 月払
    契約者 30歳男性
    被保険者(お子さま) 0歳
    保険期間 22歳満了
    保険料払込期間 18歳満了
    保険料払込方法 口座振替扱
    保険料 12,235円/月
    払込保険料総額 2,642,760
    受取祝金総額 1,800,000円
    基本保険金額 1,000,000円
    こども医療特約 入院給付金日額5,000円
    養育年金 基本保険金額の60%
    返戻率 68.1

    ※返戻率=受取祝金総額÷払込保険料総額×100

    受取りタイミングのイメージ

     

    ※お子さまが保険期間中に亡くなられたときは、ご契約の経過期間に応じて10 .53万円~200万円の死亡給付金をお支払いします。
    注1 支払限度日数は1回の入院につき180日、保険期間を通じて1,095日です。
    注2 支払限度日数は同一の不慮の事故につき90日、保険期間を通じて1,095日です。

    教育資金から医療保障までしっかり備えることができ、お子さまの成長に合わせた資金準備と万一の備えに役立つというのが「&LIFE こども保険」が選ばれている理由です!

    2021 - H – 0053 ( 2021/04/14 - 2023/04/30 )

    今ならプレゼント
    キャンペーン実施中

    FPに相談する(無料)

    3.東京海上日動あんしん生命
    「5年ごと利差配当付こども保険」

    東京海上日動あんしん生命の「5年ごと利差配当付こども保険」は、祝金と養育年金で教育資金準備ができます!

    ここがおすすめ!

    1. 契約者が死亡・高度障害となった場合に備えることができます
    2. 子どもの死亡保障を一定期間確保できます
    3. 子どもの出生前でも加入ができます

    ご契約例

    ご契約例のご紹介になります。

    ご契約例
    -
    月払/年払 月払
    契約者 30歳男性
    被保険者(お子さま) 0歳
    保険期間 22歳満了
    保険料払込期間 18歳満了
    保険料 10,856円/月払
    払込保険料総額 2,344,896
    受取額資金総額 2,000,000円
    基準祝金額 1,000,000円
    災害死亡保険金 基準祝金額の200%相当額
    養育年金 基準祝金額の50%相当額
    返戻率 85.2

    受取りタイミングのイメージ

    ※5年ごと積立配当金は運用実績によって増減し、お支払いできないこともあります。

    お子さまの出生予定日が140日以内であれば、出生前加入特則を付加することでご契約できますので、早めにお子さまの教育資金準備に備えたいといった方に「5年ごと利差配当付こども保険」は選ばれています!

    今ならプレゼント
    キャンペーン実施中

    FPに相談する(無料)

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    本コンテンツは商品の概要を説明しています。
    詳細は「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
    弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
    2105-KL08-H0040

    フコク生命の学資保険をシミュレーション!

    フコク生命の学資保険をシミュレーション!

    フコク生命の学資保険の保険料は、フコク生命の下記サイトで簡単にシミュレーションできます。

    参考:フコク生命「かんたん保険料試算」

    下記ケースでの各プランの保険料と返戻率は次の通りです。

    モデルケース

    • 契約者は父(1991年1月生まれの30歳)
    • 子どもは2018年1月生まれの3歳
    • 満期保険金額100万円
    • 兄弟割引適用なし

     

    S(ステップ)型の保険料と返戻率
    保険料払込期間 11歳 14歳 17歳
    毎月の保険料 20,467円 15,118円 12,088円
    返戻率 104.3% 102.7% 100.9%
    J(ジャンプ)型の保険料と返戻率
    保険料払込期間 11歳 14歳 17歳
    毎月の保険料 19,872円 14,677円 11,736円
    返戻率 104.8% 103.2% 101.4%

    シミュレーションで入力するのは次の4項目だけです。

    ポイント

    • 契約者の選択(父または母)
    • 契約者の生年月日
    • 子どもの生年月日
    • 兄弟割引適用の有無

    マガジン編集部
    結果画面で、S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型について3つの払込期間(11歳・14歳・17歳)の保険料と返戻率が一覧できます。

     

    フコク生命の学資保険の注意点

    フコク生命の学資保険の注意点

    フコク生命の学資保険の主な注意点は次の2つです。

    注意点

    • 入院特約を付加できない
    • S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型のコース変更ができない

    それぞれについて解説します。

    入院特約を付加できない

    注意点の1つ目は、入院特約を付加できないことです。

    注意点

    • フコク生命の学資保険紹介サイトでは、「お子さまの医療保険をパックすることで充実の保障に!」などと入院保障が紹介されています。
    • しかし、入院保障は学資保険に付加されるわけではなく、学資保険とは別に「医療保険」に加入する必要があります。

    読者
    子どもの入院保障については、都道府県や市区町村が実施する子どもの医療費助成がありますよね。

    マガジン編集部
    助成によって子どもの医療費はあまりかからないことが多いですが、学資保険に加入するついでに少額の入院保障を付加したい人もいるでしょう。

    学資保険に入院特約を付加したい人は、ほかの会社の学資保険を検討しましょう。

    S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型のコース変更ができない

    注意点の2つ目は、S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型のコース変更ができないことです。

    加入時に祝金の使い方をよく検討してコースを選択しましょう。

    ポイント

    • 小学校や中学校、高校入学時にも祝金を受け取りたい人はS(ステップ)型
    • 大学入学時に資金が必要な人や、返戻率を高くしたい人はJ(ジャンプ)型

    しかし、加入から満期まで10年以上もあるので、資金計画も予定通りいかないこともあります。

    マガジン編集部
    そんなときに活用したいのが、「祝金の据え置き」と「満期繰上制度」です。

    祝金の据え置き

    S(ステップ)型を選択して子どもが小学校に入学したとき、祝金が不要ならば据え置くという方法もあります。

    据え置いた祝金はいつでも引き出せるので、資金が必要なときに活用できます。

    満期の繰り上げ

    大学入学までの祝金を受け取った後(据え置いた場合も含む)、22歳の満期を繰り上げることができます。

    22歳で社会人になったときにも一定の資金が必要ですが、大学在学中の授業料の方が親としては負担が大きいでしょう。

    満期を繰り上げることで、満期保険金を大学在学中の授業料に充てることもできます。

    まとめ

    フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は、返戻率の高い学資保険で有力な選択肢の1つでしょう。

    満期繰上制度や兄弟割引など、特徴のある商品内容も魅力です。また、担当者が自宅まで来て対応してくれるので安心感もあります。

    ただし、最も教育資金が必要な大学入学時に重点をおく場合、18歳満期がないのが気になるところです。

    「いつ教育資金が必要になるか」を明確にすることが、学資保険選びのポイントです。

    (登)D-2021-5(2021.5.27)

    監修者の紹介

    監修者の写真

    監修者岡田行史

    人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    本コンテンツは商品の概要を説明しています。
    詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
    弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
    おすすめの記事