収入保障保険とは?必要性とメリット・デメリット

読者
自分に万が一のことがあっても、家族には経済的な不自由を感じさせたくないです。

読者
でも、具体的にどのように準備していけば良いのかわかりません。

このように考えている方は多いのではないでしょうか。

マガジン編集部
そんなとき、加入する保険の候補になり得るのが「収入保障保険」です。

収入保障保険は、一度に保険金の全額を受け取る他の生命保険と異なり、分割した保険金を毎月受け取る「年金形式」で遺族の生活をサポ―トすることができます(一括で受け取る方法もあります)。

この記事の要点

  • 1.収入保障保険は、自分に万が一のことがあったときに家族のためになる生命保険
  • 2. 収入保障保険にもメリット・デメリットがあり人によって必要性が異なる
  • 3.収入保障保険の選び方を正しく理解して加入する必要がある
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

5分程度で読むことができますので、今後の生命保険選びの参考に、ぜひご活用下さい。

収入保障保険とは

収入保障保険とはどのような生命保険ですか?
収入保障保険とは、掛け捨ての生命保険で、契約時に決められた保険期間中に死亡した場合、その時点から保険期間の満期まで死亡保障が支払われる保険です。

マガジン編集部
給料のように毎月一定額ずつ受け取る方式(年金形式)を選ぶことができます。

読者
一度に多額の保険金を受け取る場合と比べ、月々の生活設計がやりやすそうですね。

掛け捨て死亡保障では定期保険が有名ですが、収入保障保険は「時間の経過とともに受け取れる保険金の総額が減っていく」という特徴があり、保険料は定期保険より更に割安になります。

収入保障保険の特徴

収入保障保険は、他の保険と比較してどのような特徴があるのでしょうか?

大きな特徴としては、以下の4つが挙げられます。

収入保障保険の特徴

  • 保障内容…死亡保障・高度障害保障のみ
  • 保険金の受け取り…年金形式、一括形式
  • 時間が経つほどに受け取れる保険金は減っていく
  • 支払い保証期間がある

 

これらについて詳しく見ていきましょう。

    保障内容は死亡保障・高度障害保障のみ

    収入保障保険では、保険金を受け取れるのは「死亡した場合」「高度障害状態になった場合」に限定されます。

    ほかの保険、たとえば終身保険なら解約したときに「解約返戻金」を受け取ることができる場合があります。

    マガジン編集部
    収入保障保険は掛け捨ての保険であるため、そのような貯蓄性のある使い方はできません。

    読者
    死亡のリスクのみに特化した生命保険なのですね。

    \オンライン・訪問どちらも可能/

    保険金の受け取りは「年金形式」と「一括形式」

    万が一のことが起こった場合、受け取り方を年金形式に設定している場合、残された家族は毎月一定の保険金を受け取ることになります。

    受け取り形式に注意

    正確には他にも

    • 全額一括受け取り
    • 一部一括受け取り

    を選択できますが、受取額が年金形式よりも少なくなる点がネックです。

    マガジン編集部
    収入保障保険においては、「毎月受け取り(年金形式)」が一般的です。

    ほかの生命保険(定期保険・終身保険など)は、死亡保険金の一括受け取りが一般的である一方で、毎月受け取りが基本というのは収入保障保険の特徴的な部分といえます。

    時間が経つほどに受け取れる保険料は減っていく

    死亡保障1,000万円の定期保険を契約した場合、保険期間中のどのタイミングで亡くなっても受け取れる保険金は1,000万円のままで変わりません。

    一方で収入保障保険の場合、死亡した時期によって受け取れる保険金額に差が生じます

    シミュレーション

    死亡後に受け取る保険金を「毎月10万円」、保険期間を「60歳まで」に設定したケースでは…

    50歳で死亡した場合と、60歳で死亡した場合で、以下のように受け取る保険金額が異なります。

    • 50歳で死亡した場合…10万円×12ヶ月×10年=1,200万円
    • 55歳で死亡した場合…10万円×12ヶ月×5年=600万円

      このように、時間の経過とともに受け取れる保険料が少しずつ減っていくため、一律同じ金額が受け取れる定期保険と比べて保険料が割安に抑えられているのです。

      支払保証期間がある

      時間が経過するほど、受け取れる保険金が少なくなるとお伝えしました。

      読者
      すると、保険期間が残りわずかな状態で死亡した場合、保険金は少額になってしまうことになるのでしょうか?

      保険期間満了まで1ヶ月というところで死亡するケースでは、1ヶ月分の保険金しか受け取れないことになります。

      読者
      満額の保険金を受け取れる定期保険と比べ、デメリットに感じます。

      マガジン編集部
      そうならないように、収入保障保険では「支払保証期間」が設定されています。
      支払保証期間とは?
      保険期間内に万が一のことがあった場合、「最低〇年間は保険金を支給する」と決めておく制度で、何年の支払保証期間を設定するかは契約時に設定することができます。

      最低1年~10年くらいの間で設定でき、決めた年数に応じた保険金は死亡時期にかかわらず条件を満たせば必ず支払われます。

      支払保証期間を5年で設定した場合、保険期間が満了する1ヶ月前に亡くなったとしても、そこから5年間は保険金を受け取ることができるわけです。

      \オンライン・訪問どちらも可能/

        収入保障保険と就業不能保険、所得補償保険との違い

        収入保障保険と似たような名称の保険に「就業不能保険」「所得補償保険」があります。

        読者
        収入保障保険と就業不能保険、所得補償保険は名称が似ていますが何か違いがあるのですか?

        それぞれについて解説します。

        収入保障保険と就業不能保険の違い

        就業不能保険とは?
        就業不能保険とは、名前のとおり「長期間にわたって働けなくなったときに保障される保険」で、生命保険ではなく医療保険の一種です。

        がんや脳血管疾患、心疾患といった重い病気や突然の交通事故による大ケガで、長期の入院や在宅治療を余儀なくされることがあるかもしれません。

        マガジン編集部
        就業不能保険では、このような病気ケガで働けない間の「収入減少」に備えることができます。

        読者
        死亡時の保障ではなく、生存していることが収入保障保険との違いですね。

        就業不能保険の特徴

        • 保険期間は50~70歳で満了になるのが一般的
        • 保険金の支払期間は保険期間満了まで長期にわたる
        • 保険金額は10~50万円の間で5万円刻みなどで設定する
          ※保険会社によって異なる

        「医療保険」は入院や手術といった短期的な治療に備えるものが大半ですが、就業不能保険に関しては「病気やケガが原因で働けなくなった長期的な療養」をサポートします。

        一方の収入保障保険は生命保険の一種という違いだけでなく、保険金の支払条件が「死亡時または高度障害状態になった場合」となっている点が異なります。

        一方で、保険金が支払われることが決まったら保険期間満了まで支払われ続ける点では共通しています。

        収入保障保険と所得補償保険の違い

        就業不能保険と似た名前の保険に「所得補償保険」があります。

        所得補償保険とは?
        所得補償保険は主に損害保険会社が販売している商品で、支払条件は「病気やケガで働けなくなった場合」であることは就業不能保険と同じですが、「保障期間」「支払期間」が就業不能保険とは異なります。

        所得補償保険の特徴

        • 保障期間…1~5年更新
        • 補償の支払期間…1~3年
        • 保険金額…〇万円という金額ベースではなく、収入の〇%の支給

         ※商品により異なります。

        読者
        保障の支払期間が満期まで続く就業不能保険と違い、比較的短いスパンの就業不能に備える保険なのですね。

        \オンライン・訪問どちらも可能/

        収入保障保険のメリットとデメリット

        読者
        収入保障保険はメリットが多い生命保険のようですが、デメリットは何でしょうか?

        ここでは、あらかじめ把握しておきたい「収入保障保険のメリット・デメリット」を解説します。

        メリット

        メリット1.保険料が他の生命保険より割安

        収入保障保険は、定期保険より割安な保険です。

        保険料が割安な理由

        • 定期保険の場合…死亡もしくは高度障害状態になった際、保険期間中ならいつでも同じ金額の保険金を受け取ることが可能
        • 収入保障保険…時間の経過とともに受け取れる保険金が徐々に減少していくことにより、最終的には保険会社が支払う保険金が加入者が支払う保険料を下回ります。

        契約する保障内容にもよりますが、定期保険よりも割安な保険料を実現しているのは、このためです。

        メリット2.保障の準備内容が合理的

        読者
        収入保障保険はなぜ時間の経過によって受け取れる保険金が少なくなる設計になっているのでしょうか?

        読者
        なぜ時間とともに保険金額が少なくなるのが合理的なのでしょうか?

        マガジン編集部
        人生に必要なお金は、時間が経過するごとに小さくなるからです。

        シミュレーション

        例えば子ども一人にかかるお金を見てみると、子どもが大きくなって学費の支払いを終えていくごとに、将来必要なお金は徐々に少なくなります。

        高校・大学を卒業して独立すれば学費・養育費にかけるお金はなくなり、夫婦の生活ができるお金があれば足りるようになります。

        人生設計に合わせた合理的な保障を準備できるのが、収入保障保険のメリットです。

        \オンライン・訪問どちらも可能/

        それでは、逆に収入保障保険のデメリットを見ていきましょう。

        デメリット

        デメリット1.解約返戻金がない

        収入保障保険は、定期保険と同じく「掛け捨て」タイプの生命保険です。

        終身保険のように、保険期間中に解約することで受け取れる「解約返戻金」は基本的にありません。

        マガジン編集部
        受け取れる場合もありますが、金額はごくわずかで収入としてアテにできる金額とは言えません。

        解約返戻金を老後の生活資金に充てるような、「貯蓄を兼ねた保険」にはなりません。

        デメリット2.一度に多くのお金がかかるトラブルには向かない

        収入保障保険では、保険金の受け取り方法の基本は「年金形式」で、毎月の給料のような形で保険期間満了まで支払われます。

        逆に言えば、大きな出費が必要な出来事・イベントに利用することは難しくなります。

        シミュレーション

        たとえば被保険者が亡くなった場合の「葬儀費用」を見てみましょう。

        一般財団法人日本消費者協会が行う「葬儀についてのアンケート調査結果」によれば、2017年時点での葬儀費用の全国平均は約195万円でした。

        読者
        定期保険であれば一括で受け取った保険金から支払うことができそうですが、収入保障保険では難しそうですね。

        マガジン編集部
        それぞれの生命保険の特徴をうまく活かして選び、加入することが必要です。

        おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

        読者
        保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
        読者
        専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
        マガジン編集部
        どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
         無料の保険相談所とは
        • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
        • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
        • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

        保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

        1.ほけんのぜんぶ

        おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

        「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数34社
        2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
        3. オンライン保険相談も可能!
        4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
        5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
        6. 安定した企業
        読者
        相談員の質が高そうですね。
        読者
        無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
        取扱保険会社数

        合計:34社 
        (生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        2.保険市場

        おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

        保険市場のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会は業界最大の84社
        2. オンラインでの相談が可能
        3. 業界のなかで老舗
        4. 東証一部上場企業
        読者
        老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
        取扱保険会社数

        合計:84社 
        (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

        主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン なし


        3.保険無料相談ドットコム

        おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

        保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

        1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
        2. 電話やオンラインでの相談が可能
        3. お客様満足度97.6%!
        取扱保険会社数 合計:22 
        (生命保険:15社 損害保険:7社)
        主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
        対応地域 一部対応できない地域あり
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        無料保険相談所の選び方

        読者
        保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
        マガジン編集部
        数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
        最適な保険相談所の選び方
        • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
        • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
        • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

        1.保険相談をする場所はどこが良いか

        新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
        読者
        リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
        読者
        わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
        マガジン編集部
        カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
        その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
        その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

        2.相談担当者が専門知識を有しているか

        読者
        相談担当者って、どこも同じではないのですか?
        マガジン編集部
        実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
        FP(ファイナンシャルプランナー)とは
        • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
        • 保険
        • 教育資金
        • 年金制度
        • 家計にかかわる金融
        • 不動産
        • 住宅ローン
        • 税制など

        生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

        3.取り扱っている保険会社数の多さ

        無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

        読者
        ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
        マガジン編集部
        取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

        それでもどこにするか迷ったら

        どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

        読者
        しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえるとと嬉しいです。

        どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

        収入保障保険の選び方のポイント

        受け取る保険金額

        保険金は、たくさん受け取れるに越したことはありません。

        しかし、あまりに保険金額を高く設定すると毎月の保険料が高くなり、普段の生活が苦しくなることが考えられます。

        最適な保険金額を考えるには、以下の2つを把握する必要があります。

        保険金額の考え方

        • 毎月の家計収支
        • 遺族年金をいくら受け取れるのか

        遺族年金の計算方法は複雑ですが、生命保険文化センターの試算による「死亡した会社員・公務員の年収が500万円」「加入期間25年」としたケースを参考に考えてみます。

        子ども2人がいる配偶者が受け取れる金額のモデルケースは約175万円(1ヶ月当たり約15万円)でした。

        マガジン編集部
        月に約15万円の遺族基礎年金・遺族厚生年金が受け取れる計算です。

        参考:生命保険文化センター|公的な遺族年金の仕組みを知りたい

        毎月25万円の生活費がかかると仮定した場合、遺族年金で受け取れる15万円を差し引くと【10万円】が不足することが分かります。

        読者
        この10万円が、設定するべき保険金額ということですね。

        保険金の受取方法

        受け取り方法が「年金形式」であることが特徴的な収入保障保険ですが、保険会社によっては「一括」での受け取りを選べる場合もあります。

        一括で受け取ることを選択した場合、被保険者が死亡した(あるいは高度障害状態になった)時点での残りの保険期間によって保険金額が計算されます。

        一括受取の注意点

        ただし、年金方式に比べて受取総額が少なくなる点がデメリットです。

        年金形式を選択した場合に比べて、受取金額が【8割前後】に抑えられてしまう場合があります。

        マガジン編集部
        収入保障保険では、あくまで「年金形式」で受け取ることを前提としておくべきでしょう。

        一括で受け取ることを希望する場合は、保障の内容によりますが、定期保険や終身保険の方が受取金額が大きくなります。

        いつまで保障期間とするか

        保障期間については、契約者がある程度自由に設定できるところが収入保障保険の魅力の1つです。

        保障期間の例

        • 子どもが大学に進学するまで
        • 子どもが大学を卒業して独立するまで
        • 配偶者が年金を支給されるまで

        人生の中には何度か、家計の負担が一気に少なくなるタイミングがあります。

        マガジン編集部
        そのタイミングに合わせて保険期間を設定すれば、支出が大きい時期を効率よくカバーすることができるでしょう。

        \オンライン・訪問どちらも可能/

        まとめ

        収入保障保険とは、必要保障額が徐々に減っていくライフプランに合わせて年月の経過で受け取り金額が徐々に減っていく合理的な生命保険です。

        掛け捨てで代表的な「定期保険」と比べても、さらに割安な保険料で大きな保障を得られるメリットがあります。

        一方で解約返戻金がない、もしくはあってもごくわずかなケースが多く、資産運用・老後資金準備を兼ねるような使い方はできません。

        一括で受け取った場合は8割程度の受取額に抑えられてしまう可能性があることもお忘れなく。

        マガジン編集部
        メリット・デメリットを理解した上で、収入保障保険への加入を検討しましょう。

        \オンライン・訪問どちらも可能/

        本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
        本コンテンツは商品の概要を説明しています。
        詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
        弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
        本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
        また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
        おすすめの記事