ネットで加入できるがん保険のメリットと注意点
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

読者
ネット経由で加入できる生命保険があるそうですが、がん保険もネット経由で加入することができますか?

がん保険も、ネット経由で加入することが可能です。

マガジン編集部
ただ、ネット経由で加入をした際にメリットになる点と、一方でデメリットとなる点もありますので把握しておく必要性があります。

この記事では、がん保険にネットで加入をする場合のメリットと注意点について解説しています。

がん保険にネットで加入したいと考えている方は参考にしてください。

この記事の要点

  • 1.ネット保険は対面販売よりも割安な保険料で加入することができるうえ、自分のペースでいつでも検討し、申し込みまで済ませることができるメリットがあります。
  • 2.ただし、保障内容は基本的な保障のほかにも多くの特約があり、一人で保障内容について考えることが難しい場合があります。
  • 3.ネット保険であってもサポートセンターが充実している保険会社もあり、幅広い問い合わせに対応しています。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

ネットで加入できるがん保険とは

ネット保険とは?
ネット保険とは、パソコンやスマートフォンで保険料の見積もりから申し込みまでを完結する保険のことを指します。

マガジン編集部
ネット経由で加入することができない生命保険の種類もありますが、がん保険については、ネットを通じて加入できる商品が存在しています。

そもそもがん保険が必要かな?と考えられる際に、近年のがん保険のトレンドと、がんに罹患した際の平均在院日数を知っておきましょう。

がん保険のトレンド

がん保険は、治療方法の選択肢が多岐にわたるという特徴があります。

化学療法、抗がん剤治療などの中には、健康保険の対象外で、極めて高額なうえ、全額自己負担となる治療法も存在します。

マガジン編集部
そのため、ある程度の自己資金があった方ががんの治療法の選択肢が広がることから、がん診断給付金を主契約としているがん保険も登場しています。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

がん患者の平均在院日数

厚生労働省「平成29年」患者調査によると、がん患者の平均在院日数は以下の通りとなっています。

ポイント

  • がん保険のうち、がん入院給付金に関しては医療保険のように30日型、60日型というような1入院支払限度日数を設けていないのが一般的です。
  • それぞれのがんの入院日数はさほど長期間になることはない傾向にあります。
  • しかし、再発を繰り返す可能性もあるため、医療保険の1入院支払限度日数30日型、60日型でまかなうことができない可能性があります。
傷病名 総数 男性 女性 0~14歳 15~34歳 35~64歳 65歳以上 75歳以上
胃の悪性新生物 19.2日 17.1日 24.3日 8.1日 12.5日 13.0日 20.8日 24.0日
結腸及び直腸の悪性新生物 15.7日 15.2日 16.3日 8.8日 12.7日 11.7日 17.1日 20.5日
肝及び肝内胆管の悪性新生物 16.9日 16.0日 19.3日 15.7日 36.5日 13.0日 17.7日 19.8日
気管、気管支及び肺の悪性新生物 16.3日 16.3日 16.3日 12.5日 9.7日 13.3日 17.1日 19.3日

出典:生命保険文化センター「入院した場合、入院日数は何日くらい?」をもとに作成

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

ネットで加入できるがん保険のメリット

ネットで加入できるがん保険のメリットについて解説します。

保険料が安い

ネットで加入できるがん保険は何といってもその保険料の安さが魅力です。

がん保険に限らず、契約者が支払う生命保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」の2つで構成されています。

ポイント

  • 純保険料…将来の保険金や給付金を支払うための準備資金
  • 付加保険料…人件費や広告費、事務費など主に保険会社の経費

ネット加入ではなく、対面で保険募集をする保険会社は数多く存在しますよね。

 保険募集を対面や電話でする保険会社は…

  • 対面や電話で保険募集を行う保険会社は、まず事務所を構えるため家賃が経費として必要になります。
  • そして、商品説明、手続きなどは個別に保険の営業マンが顧客の家を訪問したり電話をしたりして申し込み、告知までを行うことになります。
  • 書類に不備があったり、商品内容が顧客のニーズを満たしていなかったりする場合は、何度も顧客の家を訪問したり、電話をしたりすることになります。

しかし、ネットのがん保険の場合はまず店舗が存在しないため家賃がかかりません。

マガジン編集部
商品説明などは、基本的には購入する意思のある方が自身で商品に関して調べ、性別や年齢、保障額、保障内容を自身で決めて見積もりを確認し、申し込みを行います。

読者
ネットで加入できるがん保険は、人を介することが、従来の対面や電話で募集する保険会社に比べて極めて少ないんですね。

契約者から預かる保険料のうち、付加保険料分はわずかで、その分をがん保険の保険料に反映しているために対面販売や通販販売のがん保険よりも保険料を抑えて提供をすることができるのです。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

好きな時間帯に情報にアクセスできる

がん保険について対面営業や電話営業で話を聞く場合は、時間を合わせて顧客とセールスが実際に面談をしたり、電話をしたりして説明を受けることになります。

ネットのがん保険の場合は、仮に忙しくて深夜しか保険について考えることがない場合でも自分の好きな時間にアクセスをして、自由な時間に情報収集が可能ですね。

マガジン編集部
もし商品が気に入ればその場で申込みまでできるのでムダがありません
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

ネットで加入できるがん保険に加入する際の注意点

ネットで加入できるがん保険は保険料が安く、自分のペースで商品選択ができるため便利に利用できる反面デメリットもあります。

主に挙げられる注意点は以下の通りです。

注意点

  • 保障内容を自分で決める必要がある
  • 手続きが難しい場合がある
  • がん保険には免責がある
  • がん保険の告知について
  • 定期保険と終身保険の違いを知っておく必要がある

順を追って見ていきましょう。

保障内容を自分で決める必要がある

一言でがん保険といっても、その保障内容や特約にはさまざまな機能があります。

まずは、一般的ながんの保障内容や特約について見ていきましょう。

給付内容
がん手術給付金

がんで手術を受けた場合、その手術代を保障します。

手術の内容によって定額で支払われるのが一般的です。

がん入院給付金

がんで入院した場合に、1日あたり5,000円、10,000円というように契約時に取り決めた金額を定額で支払います。

支払日数に上限を設けていないのが一般的です。

がん通院給付金

近年では、がんの放射線治療や抗がん剤治療は通院で行えるケースも増えてきています。

がんの治療で通院した場合に1日あたり5,000円、10,000円というように契約時に取り決めた金額を定額で支払います。

がん診断給付金

がんと診断された時点で50万円や100万円といった事前に取り決めた額を一時金として受け取ることができる特約です。

保険期間中にがん診断給付金は1回しか受け取れない保険会社や、複数回受取ることができるが、一度一時金を受け取ってから一定期間を置けば複数回受取ることができるという条件を付けている保険会社があります。

上皮内がん(上皮(粘膜)内にとどまっているがん)の場合はがん診断給付金の対象外となる場合などもあります。

がん先進医療特約 がんの治療のうち、公的医療保険制度が適用にならない先進医療を受ける場合に、先進医療の技術料を支払うというもの。
女性疾病保障特約 女性特有のがん(乳がん、子宮系のがん)の治療で手術を受けた時などに受け取れる給付金
退院給付金特約 保険会社が定めた期間の入院給付金が支払われる入院をし、生存して退院した時に受け取れる一時金
放射線治療特約 放射線治療を受けた時にもらえる一時金や給付金
抗がん剤治療特約 抗がん剤治療をした場合に受け取れる一時金や給付金

読者
一言で「がん保険」といっても、これだけ多くの給付内容があるんですね。

一般的ながん保険のメインとなる保障内容は、がん手術給付金がん入院給付金の組み合わせですが、がんと診断された初期の段階で必要となるお金が多いというニーズも増えています。

マガジン編集部
そのため、従来のがん手術給付金とがん入院給付金という組み合わせではなく、がん診断給付金を重視する傾向があります。

注意点

  • 上記表中に記載してありますが、がん診断給付金の支払要件は保険会社によって異なる点にはくれぐれも注意してください。
  • ネットでがん保険の加入を検討する際は、基本的ながんの保障の他、ここで紹介した各種特約や、各保険会社の給付要件の違いなどを自分自身で調べる必要があります。
  • 保険の知識がない状態のままネットでがん保険を検討する場合は、準備に相応の時間がかかる可能性があります。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

手続きが難しい場合がある

ネットでがん保険について調べて、自身で最適な保障内容を決めることができたら、いよいよ申し込みです。

ネットで加入できるがん保険は、申し込みや支払い手続きなどもネット経由で手続きが可能です。

読者
しかし、インターネットやパソコン操作が苦手なので、対面でない手続きに少し抵抗を感じてしまいます。

がん保険には免責がある

がん保険に加入するにあたって知っておきたいルールがあります。

マガジン編集部
それはがん保険の90日間免責のルールです。

これは保険会社が共通して同様のルールを設けています。(一部免責期間が無いがん保険もあります。)

がん保険の90日間免責ルールとは?
がん保険の90日間免責ルールとは、がん保険に加入後90日間の間にがんが発覚した場合は、支払いの対象にならないというものです

注意点

  • がん検診を直前に控えて、万が一がんに罹患していたら不安だからと加入をした場合、契約から90日間が経過していなければがんが発覚しても支払いの対象にならない点に注意が必要です。
  • また前述しましたが、がん診断給付金の支払回数や、上皮内がんを支払いの対象にするかしないかに関しては保険会社の商品によって対応がさまざまに分かれます。

読者
専門家のアドバイスなしに、このようながん保険特有のルールを理解するのは少し難しく感じます。

がん保険の告知について

ほとんどの保険に共通していえることですが、保険に加入をするためには健康状態の告知をして、保険会社の承諾がなければ加入をすることができません。

読者
がん保険に関しても同じなんですね。

一般的に、がん保険は通常の医療保険や生命保険に比べて告知する項目が少ないことから、生命保険や医療保険には加入できないががん保険には加入できるというケースがあります。

注意点

  • しかし、ネットでがん保険の告知をすると、自身で告知項目に回答していく必要があります。
  • うっかり過去の傷病歴を告知し忘れて、いざというときに支払いの対象にならなくなる可能性もあります。
  • がん保険の告知内容はさほど難しいものではありませんが、少しでも不明な点があったらサポートセンターに都度確認することを忘れないようにしましょう。

\保険加入を検討するなら/

定期保険と終身保険の違いを知っておく必要性がある

がん保険には以下の2種類があることを知っておきましょう。

ポイント

  • 定期タイプ
  • 終身タイプ
定期タイプのがん保険とは?
定期タイプのがん保険は、保険期間が5年間、10年間というように、保険期間が決まっているがん保険です。

マガジン編集部
保険期間が短く、解約をしても解約返戻金がありません

また、定期タイプの保険が満期をむかえて引き続き同じ内容の保険を継続する場合は、健康状態の告知は不要ですが、更新時の年齢の保険料で更新されます。

定期タイプのがん保険は、比較的保険料が抑えられているという特徴がありますが、高齢になると保険料は高くなる可能性があります。

終身タイプのがん保険とは?
終身タイプのがん保険は、保障が一生涯継続するタイプのがん保険です。

マガジン編集部
定期保険とは異なり、保険の更新がないので、契約をした後に毎月支払うがん保険の保険料が変わることはありません

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

がん保険は定期保険と終身保険のどちらがおすすめ?

加入するときの年齢にもよりますが、一般的には同じ保障内容であれば、終身保険よりも定期保険の方が保険料は安くなります。

注意点

  • しかし定期保険は満期を過ぎると、更新をする必要があり、更新時の年齢の保険料で継続をすることになります。
  • 定期タイプのがん保険を更新しながら継続している場合、高齢になると保険料が高くなる可能性があります。

定期保険を何歳まで更新するかにもよりますが、高齢になるまで更新をしていくと、ある時点での総払込保険料が終身保険で支払うよりも、割高になっている可能性がある点は要注意です。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

ネットで加入できるがん保険をおすすめする人

ネット保険で加入できるがん保険は次のような人におすすめです。

ネット保険をおすすめする

  • 保険料を安く済ませたい
  • 自分で保障内容を決めたい
  • 忙しくて面談をする時間がない

それぞれについて見ていきましょう。

とにかく保険料を安く済ませたい

ネットで加入できるがん保険は、通常の対面や電話で募集している保険会社よりも人件費や店舗コストなどがかからないため、保険料を安く提供することができます。

読者
加入すれば毎月支払い続けるものになりますので少しでも安い方が有難いですよね。

自分で保障内容を決めたい

がん保険の基本的な仕組みはある程度わかっていて、自身でがん保険の保障内容はおおよそ決めることができる人は、数ある特約を組み合わせて自分にピッタリのがん保険のプランを検討してみるとよいでしょう。

マガジン編集部
もし、不明な点があればサポートセンターに連絡をすれば、丁寧に教えてくれます。

忙しくて面談をする時間がない人

以下のような方には、面談が不要なネットで加入できるがん保険も視野に入れるといいでしょう。

ポイント

  • 業務が多忙で毎日帰宅が深夜である
  • 職業的に昼夜が逆転している
  • 保険の担当者と対面で会うのは時間的に難しい

上記のようなライフスタイルの方にとって、ネットで申込みまで完結するネット保険は選択肢の一つとなりえるでしょう。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
POINT
カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
マガジン編集部
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

まとめ

ネットで申込みできるがん保険は対面販売よりも割安な保険料で加入することができるうえ、自分のペースでいつでも検討し、申し込みまで済ませることができます。

ただし、がん保険はがん手術給付金と入院給付金の基本的な保障の他、さまざまな特約が用意されており一人で保障内容について考えることが難しい場合があります。

しかし、最近のネット保険はサポートセンターが充実しており、保障内容から給付時の手続き方法まで幅広い問い合わせに対応しています。

がん保険は、ネット保険を活用して割安、かつ手厚い保障を用意することがおすすめです。

FWD富士生命生命医療保険FWDがんベスト・ゴールドバナー

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事