積立型の生命保険とは?おすすめな人やメリット・デメリットを解説
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

生命保険の中には、万が一のときのための保障だけでなく「お金を貯める」という役割を持つ積立型の生命保険があります。

貯蓄もできて保障も得られると聞くとお得な気がしますが、ほかの保険と同様、メリット・デメリットや向き不向きがあります

マガジン編集部
今回は積立型の生命保険とは何なのか、銀行の預貯金の積立とのち外や積立型の生命保険がご自身に最適なものなのか、正しく理解しましょう。

この記事の要点

  • 1.積立型の生命保険は、なんらかの形で将来必ずお金を受け取ることができ、保障と貯蓄を併せ持った保険である
  • 2.こつこつ貯金をするのが苦手な人や、銀行の金利よりも少しでも有利に貯蓄をしたい人におすすめできる
  • 3.掛け捨て型の方が向いている人もいるため、最適な方を選択しよう
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

積立型の生命保険とは?5つの種類を解説

積立型の生命保険とは、払い込んだ保険料の一部が積み立てられ、将来、積み立てたお金を受け取ったり、引き出したりできる保険を指します。つまり、「お金を貯めることができる保険」といえるでしょう。

どのような形で貯めたお金を受け取れるかによって、いくつかの種類に分けられます。

積立型の生命保険の種類

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 外貨建て保険

これらについて見ていきましょう。

終身保険

終身保険とは、生命保険の一種で、被保険者(保険の対象になっている人)が亡くなった場合に死亡保険金が受け取れる保険です。

保険期間(保障期間)には終わりがなく一生涯保障されるのが特徴で、途中で解約すると解約返戻金という形で積み立てたお金が受け取れます。

POINT
死亡保険金か解約返戻金のどちらかは必ず支払われることになる生命保険です。
保障を確保しながら貯蓄することのできる保険といえます。

養老保険

養老保険とは、生命保険の一種で、被保険者が亡くなると死亡保険金が支払われます

終身保険と異なる点として、保険期間に限りがある点、そして保険期間が終わる(「満期を迎える」といいます)と、死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます

POINT
途中で解約した場合に解約返戻金が受け取れるのは終身保険と同じですが、満期があるため、お金を貯めることを主な目的とした保険といえます。

学資保険

学資保険の受取人は誰に設定する?

学資保険とは、子どもの教育資金準備を目的とした保険です。親が契約者になり、大学入学のタイミングなど、子どもの年齢に応じて、決められた時期に学資金や祝い金などの形でお金が受け取れます。

払込期間中に契約者にもしものことがあった場合、以後の保険料の支払いは不要になる一方で、学資金は契約通りに受け取れる払込免除の仕組みがあります。

マガジン編集部
学資保険は、親に万が一のことがあっても教育資金を確保できるという点で死亡保障の役割もある保険です。

個人年金保険

個人年金保険とは、将来、年金形式でお金を受け取ることができる保険です。年金の受け取り方の違いにより、終身年金・有期年金・確定年金などの種類に分けられます。

また、受け取り方法も年金形式ではなく一括で受け取ることも選択可能です。いずれも、公的年金では不足するぶんを補い、老後の資金を準備するために用いられます。

\保険加入を検討するなら/

外貨建て保険

外貨建て保険とは、払い込んだ保険料を外貨で運用する保険をいいます。

外貨建て保険という保険の種類があるというより、たとえば「外貨建ての終身保険」や、「外貨建ての個人年金保険」という形で、積立型の保険のなかに、外貨建てのタイプの商品もあると理解するといいでしょう。

POINT
現在は、一般に日本円より外貨のほうが金利が高くなっていますので、ほかの条件が同じなら、外貨建てのほうがよりお金が増えて戻ってくる可能性があります。

半面、為替(日本円と外貨の交換レート)は常に変動しているため、タイミングによっては損をしてしまいます。日本円に換算したときに払い込んだ総額よりも低い額しか受け取れない可能性があります。

マガジン編集部
ハイリターンになる可能性もありますが、リスクも高いことから、外貨建て保険の性質を正しく理解して運用できる方におすすめできます。

積立型と掛け捨て型の生命保険の違い 

なんらかの形で、払い込んだ保険料の一部を受け取ることのできる「積立型」に対して、払い込んだ保険料が戻ってこない保険を「掛け捨て型」といいます。

お金が戻ってこないことのほかに、積立型と掛け捨て型で違う点はどういったところなのでしょうか。掛け捨て型との違いとして挙げられる点は、主に以下の2つです。

積立型と掛け捨て型の主な違い

  • 保険料は掛け捨て型の方が一般的に安い
  • 積立型には契約者貸付などのメリットもある

これらについて見ていきましょう。

保険料は掛け捨て型のほうが安い

一般的に、保障内容などの条件が同じなら、保険料は掛け捨て型のほうが安くなります。積立型の保険は、保険料の一部を積み立て(貯蓄)に回す必要があるので、そのぶん多めにお金が必要だからです。

POINT
積立型の保険料=保障のためのお金+積立のためのお金
掛け捨て型の保険料=保障のためのお金

というわけです。保険料は加入者の年齢の影響を受けるので、掛け捨て型の保険は若いうちに加入すると保険料がとても安くなることが多いです。

積立型には契約者貸付などのメリットも

一方、積立型は保険料の一部が貯められていきますから、解約したときは解約返戻金が受け取れます。預金のように、保険会社にお金を預けている状態と考えることもでき、このお金を使う仕組みがあるのも、積立型保険の特徴です。

この仕組を「契約者貸付」といいます。

POINT
契約者貸付とは、解約返戻金の一部を契約者が借りることのできる仕組みです。

通常であれば、あらかじめ決められた形で受け取る場合(学資保険の学資金や、個人年金保険の年金など、受取時期が決まっています)と解約して解約返戻金として受け取る場合のみですが、借りるという形でなら、お金の一部を引き出せるのです。

お金を借りるのですから、利息を付けて返済しなくてはなりませんが、キャッシングやカードローンに比べると低金利になっています。

マガジン編集部
急にお金が必要になったときなどに活用できる仕組みです。

払済保険・延長保険

積立型の保険は、貯まっているお金(その時点の解約返戻金相当額)を使って、以後の保険料払い込みをストップし、保障内容を見直すことができます。

POINT
  • 払済保険(はらいずみほけん)…保険料の払込みを中止し、保険期間(保障期間)を変えずに保障金額を減額して契約を続ける
  • 延長保険(えんちょうほけん)…保険料の払込みを中止し、保険金額を変えずに保険期間(保障期間)を短縮して契約を続ける

いずれも、保険料を払い続けることが難しくなったときに、解約せずに保障を確保したい場合に用いられます。

※払済保険・延長保険への変更が可能かどうかは商品によって異なります。

積立型がおすすめな人、掛け捨て型がおすすめな人

それでは、積立型の保険はどういう人に向いているのでしょうか。積立型よりも掛け捨て型の保険が向いている場合もあります。

それぞれどんな人におすすめなのか、整理しましょう。

積立型がおすすめな人

貯蓄が苦手な人

「お金を貯める」といってまず思い浮かぶのは預貯金ですが、コツコツと銀行預金で積み立てていくのが難しいという人もいるでしょう。

振り込みや入金の手続きが面倒ということもありますし、いつでも引き出せる預金だと、ついお金を下ろしてしまってなかなか貯まりません。その点、保険であれば以下のような効果が期待できます。

POINT
  • 一度契約すれば、口座振替やカード払いで自動的に保険料が払い込まれますから、知らないうちに貯まる仕組みをつくれます。
  • 引き出すためには解約するしかないため、使い込んでしまうリスクも抑えられます。

また、積立型の保険に払い込んだ保険料の一部は、保険会社によって運用されます。現在、銀行の預金商品の金利は非常に低いため、積立型保険のほうが利率は高いです。

つまり、払い込んだ保険料の総額に対して受け取れる金額が増えている割合が預貯金よりも大きく、有利に貯められる可能性があります。

マガジン編集部
自分の意志では貯めるのが難しいという人は、積立型の保険を利用して貯めるという方法がおすすめです。

掛け捨てがいやだと感じる人

保険に加入するとき、掛け捨て型の保険は「なにか損をしているようでいやだ」と考える人がいます。掛け捨て型の保険は、保険料がすべて保障準備に使われるため、たしかに、満期金や解約返戻金はありません。

POINT
しかし、払い込んだお金は保障のために使われているのであって、「捨て」ているわけではありません。保険期間中は保障を受けられているのですから、「損をしている」のではないのです。

それでも、「お金が戻ってくる」ほうが嬉しいと感じてしまうのも理解できる心理です。

掛け捨て型のほうが保険料が安いことはお伝えしたとおりですが、性格的に掛け捨て型になじまないという人は、貯蓄型を選んだほうが気持ちの面では満足度が高いかもしれません。

掛け捨て型がおすすめな人

少しでも安く保障を得たい人

同じ保障内容であれば、掛け捨て型保険のほうが保険料は安いです。貯蓄よりも保障重視で考えるなら、掛け捨て型のほうが負担が少ないのでおすすめです。

特に、高額な保障を必要とする場合は、積立型の保険(終身保険など)に加入すると保険料も高額になってしまいます。

マガジン編集部
そこで、掛け捨て型のものを選んだり、掛け捨て型と積立型を組み併せて利用するといいでしょう。

投資や資産運用がやりたい・得意な人

積立型の保険は、現在、銀行に預金するよりも有利にお金を貯めることができます。しかし、株式や投資信託などでより積極的に運用した場合に比べると、それほど高い利率ではないのも事実です。

保険会社は、基本的に支払う満期保険金などの額を契約時に決めており、途中解約しなければ将来受け取りができる保険金は決まっています。

そのため、大きすぎるリスクはとれないので、リターンもある程度に制限されるのです。

POINT
リスクを覚悟で積極的な投資ができるという人なら、保険ではなく自分で運用したほうがよりお金を増やせるチャンスがあります。
その場合、貯蓄と保障を分けて考え、保障については安価な掛け捨て型を利用するのが向いているでしょう。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
POINT
カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
マガジン編集部
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

積立型の生命保険の最適な選び方

積立型の生命保険の最適な選び方

積立型の生命保険が気になっている人の中には「選び方がわからない」という方もいらっしゃるでしょう。積立型保険は掛け捨て型より保険料が高くなる傾向があるため、慎重な判断が求められます。

そこで以下では積立型の生命保険の最適な選び方を解説していきます。積立型の生命保険に興味がある方は参考にしてみてください。

最適な選び方

  • 必要な保障を見極める
  • 必要な保険金額を見極める
  • 保障内容を明確にする

必要な保障を見極める

まずは必要な保障を見極めていきましょう。前述したように、積立型の生命保険は以下の5種類に分けられます。

積立型の保険の種類

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 外貨建て保険

例えば「死亡保障を用意しながら積み立てていきたい」という方は終身保険や養老保険を用意すると良いでしょう。また「子どもの教育資金を確保したい」という方が用意すべき保険は学資保険になります。

このようにそれぞれのニーズによって必要な保障は異なるため、今のあなたに必要な保障を見極めることが大切になるのです。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

必要な保険金額を決める

次に、必要な保険金額を決めていきましょう。保険金額を決めるときは「いくら用意したいか」「いくらまでなら支払えるか」を意識することが大切です。

基本的に保険は、用意する保険金額が多いほど保険料も高くなります。

マガジン編集部
そのため保険金額を決めるときは受け取りたい金額だけではなく保険料にも注目しなければならないのです。

積立型の生命保険は保障も貯蓄もまとめて用意できる便利な保険です。しかし便利な分、手厚くしすぎると保険料が高くなってしまい。家計を圧迫してしまいます。

そのため、保険金額を決めるときは「いくら用意したいか」と「いくらまでなら支払えるか」を考えながらバランスの良い保険金額を決めることが大切なのです。

保障内容を明確に定める

受け取りたい保険金額を定めたら保障内容を明確に定めましょう。具体的には、特約や特則の内容を明確に定める必要があります。

特約・特則とは?
主契約(メインになる保障)に追加できるオプションのような保険のこと。
特約や特則は保険会社によって取り扱っている内容が異なります。オプションを追加することでよりかゆいところにも手が届く保障内容にできるため、気になる内容を探してみてください。

注意点

特約・特則は手厚くできる反面、追加しすぎると保険料が割高になってしまう可能性があります。そのため本当に必要な内容のみ加入するようにしましょう。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

積立型の生命保険のメリット・デメリット

積立型の生命保険のメリット

積立型のメリットは、なんといっても保障を得ながら同時に貯蓄ができることです。銀行に預金するよりも高い利率で貯めることができ、教育資金や老後資金、住宅資金など、目的に応じてまとまった資金を準備するのに向いています。

株式投資や投資信託のように大きなリターンを得る可能性は少ないですが、基本的には元本保証という点が重要です(外貨建て保険などの一部の例外や、途中解約した場合を除く)

POINT
積立型の生命保険は、イメージ的には投資と預貯金の「いいとこどり」のようなイメージです。
投資の知識や、運用する時間がない人でも、保険会社に任せておけばお金が増やせるのもいいところです。税金の面でも、積立型保険で貯めるメリットがあります。

保険の満期保険金・解約返戻金は一時所得という所得になります。

一時所得の効果

一時所得は、年間に50万円の特別控除があるため、払込保険料総額と受け取った金額との差額(利益になった額)が50万円以内なら課税されません

50万円を超える利益があった場合も、課税総所得に算入するとき(税額を計算するために、その年の所得を合計するとき)に、一時所得は2分の1にしてよいという決まりがあるため、比較的、課税額が抑えられます。

※契約者と受取人が違う場合や、個人年金保険を年金形式で受け取る場合、一時払いで契約して5年以内に解約した場合など、扱いが異なる例外がいくつかあります。

また、被保険者が亡くなり、死亡保険金としてお金を受け取る場合も、税制上のメリットがあります。

税制上のメリット
亡くなった人の財産は、その額に応じて相続税が課税されますが、生命保険の保険金は一定額が非課税です。
そのため、家族にお金を遺したい場合も、預貯金として持っているより、保険を利用したほうが有利なのです。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

積立型の生命保険のデメリット

積立型の生命保険のデメリット

積立型保険のデメリットについてみてみましょう。

保険料負担が大きい

積立型の生命保険は、掛け捨て型に比べて保険料が割高です。お金を貯められるとはいえ、保険料の負担が大きくて日々の家計を圧迫したり、支払いが苦しくて続けられなかったりしないよう、ムリのない保険料で契約することが大切でしょう。

早期の解約は元本割れする

積立型の生命保険は、解約すると解約返戻金が受け取れますが、解約の時期によっては、それまでに払い込んだ保険料の総額を下回る解約返戻金しか受け取れないことがあります。

POINT
解約返戻金の推移(いつまでにどれくらい貯まるのか)を事前に無料保険相談窓口などでシミュレーションしてもらい、できるだけ早期の解約はしない前提で契約すべきです。

インフレに対応できない

外貨建て保険など一部のものを除き、積立型の生命保険は、将来、受け取れる額が契約時点で決まっています。

マガジン編集部
しかし、物価は変動するため、今現在と将来時点では、同じ金額でもその価値が違うことがあります。

たとえば100万円の満期金を受け取れる保険に加入しても、将来の100万円は今の100万円の価値がないかもしれないのです。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

積立保険に関するよくある質問

似たような言葉で「貯蓄型保険」がありますが、違いはありますか?
呼び方が違うだけで、紹介している保険に違いはありません。
積立型の保険をおすすめする人の特徴を教えてください。
掛け捨てになることが気になる方や、そもそも貯蓄できない方などにおすすめです。保険に加入すれば何らかの形で保険金を受け取れますよ。詳細についてはこちらからチェック
掛け捨て型保険との違いを教えてください。
積立型保険は掛け捨て型より保障内容が複雑になるため、保険料が割高になります。しかしさまざまな形で保険金を受け取れたり、貯蓄と保険をまとめたりできる利点もあります。詳細についてはこちらからチェック
養老保険と終身保険の違いを教えてください。
保険期間と支払われる保険金の種類にあります。養老保険は保険期間が定められていて、死亡保険金か満期保険金が支払われます。一方終身保険は一生涯の保障で、解約返戻金か死亡保険金が受け取れるのです。
積立型保険で返ってくる金額を増やす方法はありますか?
保険料の支払い回数を少なくしたり、保障機能を少なくするなどの方法があります。できるだけシンプルな内容にすることで返ってくる金額を増やせますよ。

まとめ

積立型の生命保険は、なんらかの形で、将来、お金を受け取ることができる、保障と貯蓄を兼ね備えた保険です。

そのぶん、掛け捨て型の保険よりも保険料が割高ですが、教育資金や老後資金など、まとまったお金を準備したい人には役立つ保険です。

特に、自分でコツコツ貯めていくのが苦手だという人や、投資や資産運用はできないけれど、少しでも有利にお金を貯めたい、という人には向いています。

マガジン編集部
大きな保障が必要な場合など、掛け捨て型と併用したほうがいいこともありますので、それぞれの特徴をよく理解して、目的に合った保険を活用してきましょう。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

生命保険に関する関連記事一覧

 

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事