民間介護保険とは?デメリットから見る必要性

高齢になり介護が必要になると、介護サービスを受けたり福祉用具が必要になったりして費用がかかります。

マガジン編集部
一説には500万円ほどもかかる*といわれる介護費用の大半は、公的介護保険によってまかなわれます

読者
公的介護保険でも不足する分はどのように補えば良いでしょうか?

そんなとき役立つのが、公的介護保険とは別に民間の保険会社が保険商品として用意している介護保険です。

読者
民間の介護保険とはどういったもので、私たちにも必要なのでしょうか?

公的介護保険との違い、特徴やメリットなどをまとめました。

この記事の要点

  • 1.民間の介護保険は、公的介護保険でまかないきれない自己負担分を補う方法の一つ
  • 2.公的介護保険は現物支給であるのに対し、民間の介護保険は契約時に定めたお金を受け取ることができる。
  • 3.民間の介護保険に加入しても保険会社が定めた基準を満たさなければ支給対象にならないため確認が必要
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

*生命保険文化センター 平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」より、一時的な費用合計の平均と、月々の費用平均額に平均介護期間をかけたものとを足して推計

民間の介護保険とは

現在、日本では社会保険制度のひとつとして介護保険(以下、「公的介護保険」)があり、40歳以上の人は、すべて、この公的介護保険制度に加入することになっています。

公的介護保険の特徴

  • 強制加入ですので、保険料は公的医療保険(健康保険など)や年金保険料などと同じように、徴収されます。
  • 会社員の場合、給与天引きです。
  • 日常生活で介護や支援が必要な状態になったとき、そのための費用の一部を国や市町村が負担してくれる仕組みです。

読者
これにより、老後の要介護リスクに備えられるんですね。

しかし、要介護状態は人によってさまざまであり、公的介護保険だけですべてをカバーできるとは限りません。

マガジン編集部
そこで、公的介護保険だけでは不足する部分を補うため、民間の介護保険が存在するのです。
民間の介護保険とは?
民間の介護保険とは、保険会社が販売する保険商品で、公的介護保険と同じく、要介護・要支援状態になった場合の費用負担を保障します。

民間の商品ですから、加入するかどうかは任意で、加入したいという人だけが保険会社と契約し、保険会社に保険料を払い込みます。

\オンライン・訪問どちらも可能/

公的介護保険と民間介護保険の違い

読者
民間の介護保険は、公的介護保険とはどう違うのでしょうか。

両者の違いを整理しました。

加入方法はどう違う?

公的介護保険の加入方法

公的介護保険は、社会保険の一種として、40歳以上の人は強制的に加入することになっています。

読者
特に手続きをする必要もないんですね。

会社員の方は40歳になると介護保険料が天引きされるようになりますし、自営業の方は市町村から届く国民健康保険の納付書に介護保険料も含まれるようになります。

公的介護保険の区別

  • 65歳以上…第1号被保険者
  • 40~64歳…第2号被保険者

マガジン編集部
両者は給付を受ける場合の条件が異なります。

注意

  • 例外的に、64歳以下の第2号被保険者で、生活保護を受給する人は、公的医療保険料と合わせての保険料徴収ができないため、公的介護保険にも加入しない状態になります。
  • 65歳以上の年金受給者は、介護保険料を支給される年金からの天引きで支払います。

公的介護保険の保険料は所得などをもとに決められます。

民間介護保険の加入方法

民間の介護保険は、保険会社が販売している商品ですので、保険会社などに申し込んで加入の手続きを行います。

このとき、他の保険同様に、健康状態の告知を求められ、保険会社の審査があります。

読者
つまり、健康状態に不安がある人は加入できない可能性もあるんですね。

民間の介護保険の特徴

  • 公的介護保険が40歳から加入するものであるのに対して、民間介護保険は商品の契約可能年齢の範囲なら何歳でも加入可能です。
  • 一般的には20歳から加入可能ですが、未成年から加入できる商品もあります。

保険料は年齢性別保障内容などから決まり、保険会社に払い込みます。

給付条件はどう違う?

公的介護保険の給付条件

公的介護保険を受給するには、まず、要介護認定という手続きを受けなくてはなりません。

要介護認定とは?
要介護認定とは「介護や支援がどの程度必要か」ということを、個人ごとに判断してもらうことをいいます。
<介護認定の流れ>
  1. 本人か家族、または代行業者などを通じて市町村の担当窓口に申請を行う
  2. 専門家であるケアマネジャーの訪問調査、医師の意見などをもとに、「自立(非該当)」「要支援(2段階)」「要介護(5段階)」のいずれに該当するかが判断される
  3. 「自立(非該当)」は、介護や支援の必要がないという意味であるため、自立と判断された場合は、認められた場合に限り介護予防のための支援だけが受けられる
  4. 要支援・要介護となった場合はその段階に応じて受けられる介護サービスの範囲などが決まる

注意点

  • なお、重要な点として64歳以下の「第2号被保険者」については、要介護・要支援状態に至った理由ががんやリウマチなどの「特定疾病」によるものに限って認定を受けられます。

マガジン編集部
65歳以上の「第1号被保険者」は理由は問われません。

民間介護保険の給付条件

民間介護保険の給付条件は、商品によって大きく2つのタイプがあります。

民間の介護保険の給付条件

  • 公的介護保険に連動するタイプ
  • 独自基準で判断するタイプ

公的介護保険に連動するタイプは、公的介護保険の要介護認定を受けて公的介護保険が支給されるとき、民間介護保険からの支給も受けられるというものです。

読者
わかりやすい仕組みですが、公的介護保険の要介護認定を受けなければ受給できないということですね。

一方、独自基準で判断するタイプは、保険会社が定めた独自の基準に該当するかどうかで支給されるかどうかが決まります。

一部、公的介護保険の要介護認定の有無の基準を取り入れていたり、近い基準になっていることもあります。

しかし、あくまで別の基準のため、要介護認定を受けたのに支給されない場合もありえます。

読者
逆に言えば、要介護認定を受けられなくても支給されるチャンスがあるともいえますね。

\オンライン・訪問どちらも可能/

給付内容はどう違う?

公的介護保険の給付内容

公的介護保険の給付は「現物給付」です。

読者
お金がもらえるのではなく、介護サービスなどを受けられることそのものが給付という考え方なんですね。

実際には、介護サービスなどを受けたときの費用の一部が公的保険でまかなわれ、私たちはそれを超えたぶんの自己負担額だけを支払うという形です。

マガジン編集部
公的医療保険と同じ仕組みだと考えればいいでしょう。

具体的には、まず、認定された要介護状態の段階に応じて支給上限額が決まり、上限額に達するまでの額については、原則1割(所得によっては2~3割)が自己負担額になります。

たとえば…

  • 「要介護1」と認定された場合、月あたりの支給限度額は16万7,650円です。
  • 10万円の介護サービスを受けた場合、支給限度額内ですので、実際にはその1割である1万円だけを自己負担すればよいということになります。
  • この人が同じ月内にもう一度10万円のサービスを受けたら、すでに10万円のサービスを受けているので、残額である6万7,650円までが支給対象になります。
  • 超えたぶんは全額自己負担になるため、この場合は、支給対象6万7,650円の1割=6,765円と、支給対象外になった3万2,350円を合わせた3万9,115円が自己負担額となります。

なお、継続的に利用する介護サービスの給付のほかに、自宅をリフォームする、福祉用具を購入するなどの場合に、一時金が受け取れる仕組みもあります。

民間介護保険の給付内容

公的介護保険が「現物給付」であったのに対して、民間介護保険の給付内容は基本的に「現金給付」です。

マガジン編集部
あらかじめ契約したとおりにお金が支払われます

具体的な形は商品ごとに異なりますが、基準を満たしたときにまとまった額の一時金が支払われるものや、年金形式で定額が継続的に給付されるものなどがあります。両方を組み合わせたタイプもあります。

公的介護保険にはないものとして、加入者が亡くなった場合に死亡給付金を受け取れるものもあります。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし


3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえるとと嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

民間の介護保険に加入するメリットとデメリット

民間の介護保険は、公的介護保険と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

民間介護保険のメリット

40歳以下も加入でき、64歳以下の特定疾病以外でも給付を受けられる

民間の介護保険であれば、給付条件にあてはまっている場合、給付を受けることができます。

公的介護保険の場合…

  • 公的介護保険は40歳から加入するものと決められているため、40歳未満の人は給付を受けることはできません。
  • 40歳以上であっても、40~64歳までの第2号被保険者は、一部の特定疾病を原因とする要介護状態のみ給付の対象になります。
  • たとえば30代のときに事故などに遭い、要介護状態になってしまったとしても、公的介護保険から給付を受けることはできません(介護保険の対象にはなりませんが、障害年金など、他の社会保険で保障される可能性はあります)

マガジン編集部
ただし、上記の場合は公的介護保険に連動して給付されるものは適さないでしょう。

直接的な介護費用以外の出費や収入減に対応できる

公的介護保険は現物給付のため、保険の対象となっている介護サービスなどを受けた場合に限り、その費用の一部が負担される形で給付を受けられました。

一方、民間介護保険は現金給付ですので、受け取ったお金の使い道は自由です。

読者
使途が決められていないというのはありがたいですね。

公的介護保険の対象ではないけれども、要介護者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高めるための出費や、介護者が介護のために働けず、収入が下がってしまった場合の保障として使うことができます。

\オンライン・訪問どちらも可能/

民間介護保険のデメリット

基準に満たなければ支給されない

民間介護保険は、公的介護保険とは別の基準で支給されるかどうかが決まるものもあります。

支給基準のリスク

  • 公的介護保険で要介護認定を受けていたとしても、保険会社の基準を満たさなければ支給されないというリスクがあります。
  • 公的介護保険と連動して給付される商品も、今後、公的介護保険制度が改正されたときはそれに合わせて給付の基準が変わります。

将来的に制度の改悪がある可能性がリスクとして残ります。

加入できない場合がある

民間介護保険は保険商品ですから、加入にあたっての審査があります。

公的介護保険が社会保険制度の一環としてすべての人を対象としているのとは違い、健康状態などに問題があるとみなされれば加入できない場合があるのです。

マガジン編集部
また、契約可能年齢に範囲が設定されているため、あまり高齢になると加入できなくなる点も注意してください。

民間の介護保険を選ぶポイント

民間介護保険を検討する場合、どういった点をポイントにして選べばいいでしょうか。

チェックしたいのは、以下のような点です。

給付条件

お伝えしたように、民間介護保険は、公的介護保険に連動して給付されるタイプと、独自の基準で給付されるタイプがあります。

マガジン編集部
それぞれ一長一短があり、どちらが良いとは一概に言えません。

しかし、加入した後になって「思っていたのと違う」ということにならないよう、どのような給付条件なのかはあらかじめ理解しておくことが大切です。

給付内容

給付内容も、もちろん重要です。

給付の種類

  • 一時金タイプ
  • 年金タイプ
  • 両者の併用タイプ

一時金タイプは最初にまとまったお金が受け取れるので使い勝手が良く、介護のためのリフォームなど多額の費用を必要とするときに役立ちます。

読者
しかし、要介護状態が長引くときは継続して受け取れる年金タイプが良さそうですね。

定期タイプと終身タイプ

民間介護保険は、加入時に保険期間を選ぶことができます。

保険期間の種類

  • 定期タイプ…保険期間が限られている
  • 終身タイプ…保障期間が一生涯

高齢になるほど介護リスクがあり、要介護状態が何年続くか予測できない以上、終身タイプのほうが適しているといえます。

マガジン編集部
しかし、定期タイプのほうが保険料は安くなります。

掛け捨て型と貯蓄型

民間介護保険には、要介護状態にならずに保険期間が終了(終身タイプの場合は本人が死亡)しても、払い込んだ保険料は戻ってこない掛け捨てタイプと、死亡給付金や解約返戻金が受け取れるタイプがあります。

前者のほうが保険料は抑えられますが、亡くなった後に家族にお金を残したい場合は貯蓄型を検討しましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

まとめ

民間介護保険について、基本的な内容をまとめました。

社会保険の一環として、公的介護保険が整備されていますが、民間介護保険は特徴が大きく異なります。

公的介護保険がすべての人が対象になり、要介護認定に応じて現物給付を受けられるのに対して、柔軟な用途で使うことのできる現金給付が受けられる民間介護保険は、公的介護保険とどちらかを選ぶというよりも、それぞれの特性を活かして、補い合う関係です。

寿命が延び、人生100年時代と言われる今、介護リスクは増しています。民間介護保険を適切に利用し、不安のない老後生活をプランニングしていきたいものです。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事